横綱になるくらいなら相撲やめる

モンゴル人の横綱を追放する理由として、よく品格の問題が話題になる。
朝青龍がだいぶいじめられたのを見てるから、白鵬はかなり大人しくしてるなと思う。
目立たないように目立たないように、余計なことをしないように個性を殺してるわ。
それでもやっぱり、何かしたらすぐ横綱としてどうなのかって言われるわけよ。
何もしないでコッソリ生きていかないと、息してるだけも叱られる現状がある。
土俵外はまだしも、相撲自体も横綱らしさが求められ、自由に自分の相撲は出来ない。
大相撲を取り仕切っている年寄り達に、理想の横綱を演じてお金を貰う役者だ。
年寄り達は、いつその理想からはみ出すかジロジロみて難癖つけたくてしょうが無い。
あーバンザイしたぞー、偉そうに意見いったぞー、と揚げ足取りたくて仕方ない。
もちろんこれは、横綱が日本人じゃないせいで人種差別が半分入ってやってる。
日本人にはここまでやらないんだけど、今の子供は日本人の横綱を知らない。
つまり、これからの相撲少年は、横綱になったら日本人でもいじめられると思い込む。
こんな、一部の年寄りに忖度して生活する格好悪い横綱に、誰がなりたがるかよ。
そして、トップになりたくないスポーツが流行るわけもないんだよ。
年寄りに叱られながら忖度して個性を消して生活してる横綱に、あこがれるわけがない。
モンゴル人は日本で横綱になって、すぐやめて帰国して大統領になるのが得策だ。
日本人は横綱どころか相撲自体やらないのが得策だ。



別に普段から相撲ばっかり見てる訳じゃないから、正直どうでもいいよ。
ってか、日本人の多くが相撲ばっかり見てたら、もっと相撲は流行ってるはずだ。
実際はそんな流行ってないし、普段から見てない人が問題のあった時だけ関心を持つ。
いや、しかも相撲に関心を持つんじゃなく、相撲界隈の報道に関心を持つのよ。
暴行罪か傷害罪かの話は相撲とは関係ない。
NHKでやってる年寄り番組で、モンゴル人が騒ぎを起こしたらしいと。
若い人にとってはとにかく、協会がモンゴル人ともめるスポーツにしか見えない。
これ、誰が相撲なんかやりたがるかよ。

昔の相撲しかなかった時代なら、相撲はそれでどうにかなったよ。
今はいろいろある中から、相撲を選んでくれる人なんてほとんどいないんだよ。
売り手市場と買い手市場が逆転してるんだよ。
それで貴重な相撲をやりたい人が、横綱にはなりたくないって思ったら終わりだよ。
横綱を目指すスポーツなんだからね。
一番偉いから横綱になるんだからね。
年寄りが一番偉くて横綱が叱られて忖度してたら、誰も相撲取りにならないからね。
潰れろクソ相撲!

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。