root権限は一瞬しかない

 acro HDではroot権限を持っていてもシステム領域に書き込みしようとすると再起動がかかるっぽい。だから、例えばルートアンインストラーなんかは起動するだけでブチっと再起動がかかるし、チタニウムはバックアップだけ取れても復元できないようだ。rootといってもなかなか不自由だな。それでもいくつかのファイラを使ってbuild.propの書き換えに挑戦したところ、中途半端に成功して権限を設定する事が出来ず、無限再起動状態に陥ってしまった。まぁでもその状態でもsystem.sinだけフラッシュすれば復帰できる訳だけど、root権限はなくなるのでやりなおし。パソコンからフラッシュできる限り完全な文鎮化は免れる機種って素晴らしいわ。これにして良かった。



 某所を参考にし、再rootの途中でbuild.propを書き換えてシャッター音を消せるようにしてみたんだけど、純正カメラは無音になったのに他のアプリが無音じゃない状態になった。個別のアプリでではなく、そもそも全アプリでのシャッター音を操作する設定とかはないのかな。仕方ないので再rootで音声ファイル自体を削除した。このくらいだったら再ルートとかしないで直接ファイラアプリで削除出来るかも知れないが。

 研究してて何度もroot化作業をしたせいで、もう慣れて来ちゃった。ホームアプリをlightningにするって言う作業の成功率は悪く、ほぼ失敗してるが別に何の影響もない。これだけタイミングが厳しいって事はひょっとして、チェックボックス付けずにそのままlightning指定しろって事かもな。

 ルートアンインストーラーはrootなしで起動し、目的のアプリの所までスクロールしたら、スーパーユーザーで権限与えて素早くフリーズで、まぁ再起動はするけどどうにか使えそう。要らない物はいっぱい入ってるけど、どれがフリーズしてもいいアプリか分からないから、失敗したときに戻せるようにバックアップしたいんだけど、バックアップしても書き戻せないんだよね。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。