4.3.3にDGできた

1635 letters | 1363 views | コメントする

 先日、iPhoneのMMSが調子悪くてやむを得ず5.1にアップデートしたけど、その時はどうせ5.0.1にDGできるだろうと思っていたから、気軽にやってしまった。しかしバックアップしておいたiFaith作成の5.0.1がエラーで使えなかった。5.0.1が使えないなら、一緒にとっておいた4.3.3も使えないだろうと思って試しもしなかった。5.1はまだひもなしの脱獄ができてないせいか、もしかしたら不安定なのかも知れないんだけど、AppStoreでカテゴリを表示出来なくなってしまった。おすすめとか検索とかアップデートとかは大丈夫だけど、カテゴリを表示しようとしたら接続できませんって言われた。それが脱獄と関係しているなら、もしかしたら悪さしてる脱獄アプリにアップデートが来てるかも知れないと思って、cydiaを起動したらcydiaそのもののアップデートが来てた。これで直るだろうと思ってアップデートしたけど直らない。まぁ、脱獄で得られる多くのメリットに比べれば、たかがこれしきの不具合は我慢できるレベル。それはいいとして、さっきまで普通に起動できてたsafariが起動しなくなってる。これは我慢できないレベル。一応、Justbootのやり直しとかしたけどダメだったので、iTunesで5.1投獄して脱獄し直したら、safariも起動したしAppStoreも大丈夫だった。そしてほんの数個だが、脱獄してちょっとぐらい不具合がでても必ず入れたいと思ってるアプリだけを入れたのに、またブラウザが起動しなくなってた。AppStoreは大丈夫。おそらくセミテザーだと思う。どうせ電源は切らないので、起こらない万が一のために入れてるセミテザーは要らないんだよね。もう一回投獄と脱獄をして、次はセミテザーを入れないでみる事にした。



 しかしその前に、バックアップしておいた4.3.3が使えないかどうかを試してみたんだけど、こっちはちゃんとバックアップできてたみたいで、普通にダウングレードできた。元々、iOS5で追加された機能は全てOFFにして使ってるくらいだから、完全脱獄ができるようになるまでこの4.3.3で我慢しようと思って使い始めた。safariのバージョンが違ってるみたいで、iOS5では大丈夫だった自分で作ったサイトのデザインがちょっと崩れた。試しにSleipnirで開いてみたらデザインは崩れなかったので、4.3.3ではSleipnirを使うことにした。そこまではいいんだけど、日本語入力の時表示される変換候補の数が少ないので結構不便だ。しかもその変換候補の表示が小さいため、誤タッチが多くてかなり不便だ。慣れの問題だろうけど、これなら紐付き5.1の方がいいなと、またアップデートした。

 今回はセミテザーを入れてないわけだが、一応ブラウザもAppStoreも無事。セミテザーが入ってないから、電源オフが怖いけど、そもそも電源オフなんて脱獄するときのプロセスで以外にする事はない。アプリが悪さしてOSごと落ちるって事もないし。未知の脱獄アプリに手を出せば、そのアプリがインストール後の再起動を要求する可能性はあるから、新しい脱獄アプリを入れるときだけは、PCのあるところでやらなきゃいけない。でもあたしの場合はパケット節約して使ってるから、脱獄アプリを試すなんてときは必ずPCの近くにいるわ。セミテザー要らないね。重要なのは、紐付きかどうかじゃなく、5.1に対応してない脱獄アプリが不具合を起こさないかどうかだよ。不具合がなければ再起動も必要ないから紐付きのデメリットはない。5.0.1から不本意なアップデートだったが、まぁこれでいいや。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。