そこも見たことありますが

1347 letters | 1100 views | コメントする

物質名や商品名でググるので、アナボリックステロイドを売ってるサイトはたくさん知っていて、
別に教えて貰わなくても結構だ。
好奇心の強いあたしは、もちろん将来的にそういう物を買いそうな予感はしているのだが、
一番気になるのは、なぜ普通にクレジットカードで買い物できないところが多いのかって事だ。
よその人は銀行振込や代引きの方が安心かも知れないが、
あたしの個人的な感覚では、クレジットカードの会社と取引できないほど怪しい店に思える。
クレジットカード自体がセキュリティに問題が指摘されるものだから、
その分何かトラブルでもあったら、クレジットカードの会社がちゃんと補償してくれる。
怪しい店で買い物をして、騙されたりしたらカードの会社にストップして貰う事さえ出来る。
すなわち、うちはクレジットカードだから安心ですよって言うためにも、店は導入を検討すべきだ。
振込や代引きって、素人の通販みたいなところから、自己責任で薬買って飲めるかっての。
まぁ、散々文句つけたが、単に振込に行くのが面倒って理由が大きい。
外国のも、日本からは現時点で振り込めないウェスタンユニオンを使ってるところが多い。
クレジットカードが使えるところでは、ごく一部のメジャーなステロイドしか扱ってなくて寂しい感じ。
もしくは欧米向けのとんでもなく高いサイトぐらいか。
プロホルモンをリーズナブルに買ったので、相対的に高すぎると感じちゃう。



クレカで買える経口剤は、アンドリック、アナボル、アゾロルぐらいで、
この中で興味があって将来買いそうなのはアゾロルぐらいしかない。
経口最強などと言われるアンドリックだが、それ一錠50mgだからじゃないのかと。
アナボルが安いのは作るのが簡単だってだけで、優れてるわけじゃないんじゃないのかと。
ステのメインは注射剤なので、注射剤とスタックするためのラインナップとしてこの三種類なのか、
もしくは注射剤しかいらないからか、経口剤はろくなのがない。
アンドロジェニックとアナボリックの数字見たいなのがあって、
アンドリックやアナボルはDHT系のプロホに比べてアナボリックの数字が小さく、
芳香化でバルクアップ時にメリットがあってようやく注射剤とスタックするくらいだ。
単品で使うならハゲを覚悟してフェラプレックスとかを買った方が、数字的には数倍効果的だ。

いろいろ売ってるのは知ってるが、注射はする気ないし経口は好みの物が少ない。
自宅にストックしてるプロホがなくなって、その時追加で買える場所もなく、いよいよステしかないなら、
アゾロルを1日5mg2回の一ヶ月ってのが、考えられる唯一の継続パターンかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。