フィナステリド

最近髪が増えてきたと嫁に言われた。
あたしはあまり自分の外見に関心がないのか、だいぶハゲてからハゲた事に気がついたくらいで、
増えたと言われても増える前の状態と本当に変わったのか自覚も出来ず、
嫁の気のせいじゃないかと思うが、もし本当だったらその心当たりはある。
アダムのブレンド成分の何かが竿と筋肉に効いてる気がした事をキッカケに、
ソーパルメットを単品購入したが、アダムだけ飲んだ場合と単品追加した場合で違いを感じず、
これはもう買わなくて良いサプリだなって思っていた。
しかしもし髪が生えるとしたら話は変わってきて、また買うかもと一時は思ったのだが、
やはりあたしは髪ごときにサプリメントを買ってまでというのは面倒くさく、そのまま忘れつつあった。



最近ノルバデックスを調べてたせいで、サプリメントより医薬品の海外ジェネリックが気になり、
たとえば去年国内で不足したタミフルやリレンザまで個人輸入できるとか、
避妊用のピルがゴミみたいな値段で売ってるとか、いろんな事に驚いている。
そういう物の中でも人気なのは、やはりやたら安いジェネリックのハゲ治療薬だ。
ネットで調べたところによると、フィナステリドとミノキシジルがハゲに効くらしいが、
ミノキシジルはなぜ効くのかまだわかってないとか書いてあったので、主にフィナステリドにだけ興味を持った。
フィナステリドは5アルファ還元酵素の阻害って書いてあるので、ソーパルメットの仲間だろう。
国内ではプロペシアという名前で売られていて、一日辺り200円以上はかかる物らしいのだが、
海外ジェネリックだと一日辺り9円、送料込みでも12円というところを見つけた。
あたしはこういう価格差の比較に弱く、必要でない物でも安すぎると欲しくなる。
衝動で300日分、送料込み3450円を注文してみた。
2ヶ月分しか輸入できない法律にモロ触れるのだが、別のサイトでも300錠までは売ってるので、
おそらくこの商品は300錠が通関できるギリギリなんだろうと判断した。
効かなかった場合に300日も飲み続けられるかという不安が、逆に出てきた。

あたしは元々ハゲ進行中であるにもかかわらず、DHTと構造が似たプロホばかりチャンポンしているので、
さらにハゲると言うことはあるにしても、髪が増えると言うことはちょっと考えにくい。
ソーパルメットでもフィナステリドでも、テストステロンがDHTに変化するのを防ぐのであって、
もともとDHTの形をしたプロホを摂取してたら何の効果もない。
もし髪が増えたとすれば、DHT型のプロホが自己生産のDHTと比べてハゲに影響してない事になる。
ハゲるかも知れないと言われたプロホはハゲず、実はプロホなしでもハゲてた人の勘違いかも知れない。
ということを、もしDHT阻害系で髪が生えたら言えると思うよ。
その判断は嫁がすることになると思うのだが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。