香港から5日

1536 letters | 882 views | コメントする

インド製のノルバデックスを追跡なしで買って見たが、香港から5日で到着した。
20mgで10個入りのブリスターパッケージが10シートで計100錠、小さな紙箱に入っている。
UTTプロホの紙箱より二回りくらい小さく、税関に目を付けられなささそうな感じがする。
あたしは5000円ぐらいの所から買っちゃったが、相場は3000円以下らしく、失敗したと思ってたら、
中に18.40米ドルのインボイスが入っていて、あとは代行の手数料と送料なんだとわかった。
もしかしたらうまいこと探せば代行の儲けをスキップして、直接安く買えるかもしれない。
医薬品でもサプリメントだって書いて送られてくる事がわかり、特別身構える必要はないようだ。
そりゃプロホだってサプリと言うより未承認の医薬品な訳で、今までとあまり変わりない。



SERMの働きをしっかり理解してないから、何かと疑問が出てきた。
今までは男性ホルモンのことばかり考えてきたが、PCTは女性ホルモンを考えなければいけない。
SERMは女性ホルモンのレセプターに先回りすることで妨害し、
体内の女性ホルモン量を減らさずに、女性ホルモンが働かない状態を作る。
それによって、女性ホルモンが足りないという信号が出て、
女性ホルモンの材料として男性ホルモンが生産されるのだと理解している。
だとするとおかしいぞ。
M1Tを使うと数日で男性ホルモンの生産が完全にストップするんだから、
女性ホルモンの材料がなくて、PCTなしでもドンドン男性ホルモンが生産されるんじゃないのか。
もしくは、男性ホルモンが出てない状態でSERMを摂取しても、
女性ホルモンのレセプターに先回りするまでもなく、どうせ女性ホルモンがないわけで、
あたしの理解したSERMによるPCTの仕組みは破綻する。
まぁ、仕組みを理解出来ても出来なくても、とりあえず今後はこれと決めてしまっているが。
ブリスターなら長持ちしそうだし、買えるうちに買いだめしておくことも検討。

あたしはPCTとしてオフの摂取を考えているが、オンに女性科副作用防止で飲む人もいるわけで、
オンもノルバ、オフもノルバ、年中ノルバって場合もあると思う。
そうなると副作用も気になっちゃうわけだが、これは安全な薬だからあまり気にしなくて良いようだ。
ただしそれはこの薬のターゲットである閉経後の女性が使った場合だけの話で、
閉経前の女性や、ましてや男性が服用しても安全かどうかなんて、普通は話題に上がらないよな。
自己責任だ。

安く買えば一日30円以下でテストステロンの自己生産量を増やせるんだから、
PCTだけじゃなくオンにもずっとノルバデックスを飲んでも良いと思うし、
オンも飲む前提なら女性科副作用があるようなプロホも使っていいと思う。
ただやっぱりこのインド製のノルバデックスをそんなに信用出来ない気がして、
一応、PCTとしてオフだけ飲むつもりだし、オフの間ずっと飲むのか数日だけ飲むのかは様子見次第。

ノベデックスXTよりローコストだったという事が意外。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。