8.6㎏で届いた

1341 letters | 757 views | コメントする

以前は世界のどこからでも統一の国際送料だったため、BBではあまり重い物を買いたくなかったが、
今は日本向けの送料が改定された事により買いやすくなり、
プロテイン3個ほかいろいろまとめて8.6㎏という重量でFedexを使い、注文して1週間で届いた。



今までプロテインは5lbsでプラスチックのボトル入りばっかり買っていたが、
今回初めて5lbsで袋入りのマトリックスというのを頼んだ。
マトリックスは写真で見る限り、2lbsサイズはボトル入りで、5lbsサイズは袋入りだろう。
5lbsボトルは内側のカーブを使ってすり切るのに便利だったので、本当はボトルの方が好きだ。
米国のプロテインはすり切らないのが原則らしいが、すり切らないとこぼすから嫌だ。
スプーンの大きさとかにもよるのだが、70ccのスプーンですり切ればだいたい25g程度になるので、
持続性プロテインを1日2回2スクープずつでおよそ100g、含有率を考えてアバウトに体重×1gだ。
マトリックスにどんなスプーンがついてくるかと、袋の内側はすり切りやすいかの二つの問題によって、
今後のプロテイン摂取量に影響する可能性がある。
未開封だが、手探りでスプーンの存在自体は確認した。
開封後にジッパーがちゃんと機能するのか、袋が倒れても大丈夫なのか、
ボトルのフタは開けられない1歳の子供がジッパーを開けないだろうかって心配。
よい点として、ゴミが出ないという事は大きい。
送られてくる段ボールも小さくなって、他の色々含めてびっちり入ってきた。
心配した気圧による破裂はたぶんない様子。

オマケを選べるので、体の部位を計るメジャーを選んだのだが、作りはあまりよくないね。
電動のプロテイン混ぜ棒も良くなかったから元々期待してないが。
それを使って腕と腹を計った。
BBの動画では、上腕は伸ばしたまま計っていたのでそれが正式なんだろうけど、
あたしは力こぶが最も大きくなる時の最も太い部分を測定した。
前腕も動画ではたぶん手首と肘の真ん中を計るようだが、あたしは一番太そうなところを計った。
当然ウェストも、へその位置でなるべく膨らまして一番太くなった状態を記録した。
それで気がついたのは、前腕と上腕の差があまりないってこと。
手首が細いから前腕も細くて当たり前だし、力こぶがあるから上腕は太いと思っていたのに、
前腕でも肘の近くは結構太く、力こぶは丸いし真ん中だから大きく感じるだけだな。
出来れば定期的に計りたいけれども、次回も同じ計り方が出来る自信はなく、
よっぽど劇的に変わらない限りは、誤差が大きくて目安に出来ないかも知れない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。