タイム短縮へ

1362 letters | 808 views | コメントする

LBLの簡易版を身につけたが、繰り返しやってもやっぱり3分くらいかかってしまう。
もっと速く作るためにもうちょっと難しいやつを覚えようと思うと、そこから先は覚えることが一気に増える。



まず、今までは青で完全一面と側面の一段を揃えてから二段目に向かっていたが、
一段目と二段目を一気に揃えるための、状況に応じた数十のパターンを暗記しなければいけない。
素人は一個を目的の場所に持っていくが、二個を一気に目的の場所に持っていく方法が登場する。
そりゃ覚えれば速くなるんだろうが、回し方が数十通りあるって事は、回す前の状況も数十通りあって、
回す前に今どのパターンが必要かを見て判断する能力も身につけなければならない。
まだそこまで必要に思えるほどはまってないので、これは後回しで良いだろう。

二段目まで今まで通り一つずつ揃えるとして、次からのやり方も別の方法があるようだ。
まず白でクロスを作るところまでは一緒なのだが、先に位置を揃えてから向きを変えるか、
最後まで白を作り終えてから位置を変えるかの違いがあるようだ。
今までやってた方法は遅いらしく、これは速い方法に乗り換え出来そうなのだが、
ネットで調べて出てくるサイトは難解で、書いてあるとおりにやってるつもりが全然完成しない。
やってるうちに知ってる形になったから、知ってる手順で完成させたが、
書いてあるとおりにはまだ一度も成功してなくて悩んでいる。
こっちの速いはずの方法ももっと速くするパターンを覚えればもっと速くなるらしい。

一分で完成させているキュービックルーマンは、状況に応じて使い分けられるパターン数が多いに違いない。
そもそも、回し始める前に何秒だかの目視で何かを確認している様子だが、
あたしは回し始める前に見たところで何にも見えてこないのでそこからして違う。

今はこれをやってれば暇つぶしにも眠気覚ましにもなるが、
このままただ繰り返してるだけじゃすぐ飽きるだろうし、飽きないためには暗記のチャレンジが必要だ。
いっぱい暗記するほどはまるのか、面倒くさくなって放置するかはわからない。
本来はパターンも自分で発見することで奥深くなる遊びなんだろうが、
既に誰かが発見したパターンを暗記して速く回す遊びって、少なくとも知的じゃないなぁ。

B00311TZC4
B00311TZC4

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。