旧型対策

1107 letters | 676 views | コメントする

新型インフルエンザの予防接種が一部で開始し、大衆に大人気のようで結構なことだ。
よその人がある程度のリスクを負ってワクチンを注射してくれれば、
少なくともその人はもう新型には感染しないので、人から人へと感染しながら広まるウィルスが、
あたしの所までやってくる確率が下がる事になる。
すなわち、よその人がどんどんリスクを負って外国製のワクチンを打ってくれたら、
あたしはノーリスクで新型インフルエンザの感染を回避出来るというわけだ。
もうさっさとみんな、日本人らしく流行に踊らされて、オイルショックのように大挙して予防接種して欲しい。



しかし今年は新型しかインフルエンザが流行しないわけではなく、旧型も例年通りに流行する。
新型は我先にと予防接種しようとしてる人でも、例年通りの旧型は、例年以上に軽視される傾向にある。
すなわち、こんな今年こそ、旧型のインフルエンザ予防接種が重要であり、
旧型はよその人が対策してない分、自分で対策が必要で、新型はよその人が対策すればいい。
と言うのが今年のあたしの方針だ。

もちろん、全員が新型のワクチンを接種するまで、感染拡大が待ってくれるとは限らない。
新型が猛威をふるいすぎて、全員どころか医者しか接種してない今日にも感染するかも知れない。
少し待ってくれて、子供が一回目の注射するくらいになればもうかなり安全だと思う。
優先順位の低い人でも誰でも摂取出来る頃には、全然慌てなくてもいいくらいになってるはず。

先日かかりつけの内科で確認したところ、新型は基礎疾患のある人が優先だから、
子供でさえいつになるかメドが立ってないようなことを言われたが、若干歯切れが悪かった。
すなわち、医者があまり責任を持って断言できるような決定事項は何もないってことだろう。
早くなるかも知れないし遅くなるかも知れないし、期待するなって意味だと感じた。
そんな今こそ、例年通りに旧型の予防接種をしておきたい。
旧型はもう準備できてるそうだし、医者もそうしろって言ってた。
いや、医者は旧型じゃなく季節性とか呼んでたかね。

そんなこんなで今週中には家族みんなでやっておこう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。