効く時期

1858 letters | 738 views | コメントする

極論を言えば、人間は使った能力が最低限度に鍛えられる仕組みなので、
5㎏を持ち上げるトレーニングでは、5㎏を持ち上げるのがきつくない程度の筋肉しか身につかないようだ。
素人が家で筋トレを何十年続けたところで、家にあるダンベルが軽くなったらもう筋肉は増えない。
肉体労働している人なんか、おそらく家で筋トレしてる人より遥かに重い物を扱っているだろうが、
そう言う人でようやく、一般人よりはいい体してるって言われるかどうか微妙なラインに到達できる。
所詮、家で出来る程度の筋トレをしたところで、いい体してる人にすらなれないのが現実なわけだ。
目指せ一般人レベル、いつか肉体労働者と比較されたいレベル、少しスポーツ好きな人ってレベル。
健康になりたいという欲求は、すなわち不健康という弱点の克服であり、
まぁ、競うとすれば、自分と同じように弱点を抱えた不健康な人よりマシになろうってくらいなのだ。
一般人は不健康じゃないので、別に筋トレしなくてもあたしよりは頑丈そうな体をしているが、
それはトレーニングだとも思わないであたしより重い物を扱っているからであり、
使いもしない筋肉を無駄に発達させる体質ではないはずなんだよ。



ともかく、プロテインを飲もうがドーピングしようが、扱う重さに対応した筋肉しか付かない。
栄養や薬物でズルしたとしても、ズルする前と同じ重さでトレーニングを続けていたら、ズルした意味がない。
筋トレしている人向けに、海外でいろんなサプリメントが売られているけれども、
同じサプリメントを使って効いたって言う人と効かないって言う人がいるわけで、
それはもちろん思い込みによるブラシーボ効果だってあるだろうけど、
それ以上に、サプリがないと筋肉が増えないようなトレーニングでは、サプリがあっても筋肉は増えない。
サプリがなくても少しは筋肉が増えるようなトレーニングなら、サプリでもっと増やせる可能性がある。
または、少ししか筋肉が増えてないせいで成長が止まったように感じている人が、
サプリを飲めば成長を感じる事が出来る可能性がある。
本気で鍛えてる人は、筋肉が増え続ける限りどんどん扱う重量を増やしていくが、
あたしのように、たとえ家にあるダンベルが軽くなっても、それ以上の重量を扱う気がない場合、
いかに効くサプリを飲んでも薬物を使用しても、家にある物の限界が筋肉の限界だ。
限界に達した時点でサプリを買ってみても効かなくて当たり前で、むしろ買っても無駄であり、
サプリが効くのはサプリなしでも成長できている間なので、むしろ調子いいときにどんどん買えばいい。

あたしは今、うまいことあちこち筋肉痛に出来ているので、ここぞとばかりに何か摂取し、
毎日の小さな努力を最大限に活かして、なるべく早く自宅の限界に達するべきなのだ。
そして限界に達したら、あとは何を摂取しても効かないから、その類のお金は節約しつつ、
なるべく楽してトレーニングし、それなりに維持して加齢に抵抗していくべきだろう。
いやそれより、限界に達する前に飽きてやめる事が心配なので、
飲んでみたいサプリ、効くかもしれないサプリはガンガン買って、次々に飲んで、
効こうが効くまいが、効きそうな物を飲んでるという自己満足を高め、
まだまだ伸びるのにつらくてやめるとか言うことを、全力で回避すべきだと思うがね。
だから素人ほど何でも買って飲めば良いと思う。

わざと遅い配送方法で頼んだエクジステロンが二週間経ってまだ到着してないが、
全然まだ頭が冷やされてなくて、ホットロックスの時と同じように我慢できなくなりそうで堪えているところ。
今週来なかったらまた、早い配送方法で3ボトルくらい追加注文しちゃいそう。
やっぱり遅い便は使っちゃダメだな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。