生活優先の筋トレ

1456 letters | 910 views | コメントする

トコトンこだわっていくと、筋トレすべき時間帯とか、頻度とか、食事とか睡眠とか、
単に好きなときに好きなだけ鍛えるよりも効率の良い方法があるわけだが、
たかが趣味でやる筋トレのために生活を犠牲に出来るわけではない。
理想には及ばないまでも工夫できるところを工夫し、出来ないところはあきらめてやるしかない。



今あたしが筋トレしているのは、子供が保育園に出て行った後、自分が出ていくまでの間と、
子供が寝てから自分が寝るまでの間で二分割という事になる。
理想は、午前中に筋トレをやれと言う事だが、午前中に出来る筋トレと出来ない筋トレがある。
そもそもちゃんと鍛えられるようなきついトレーニングを午前中になんかやったら、
その日は一日中筋肉がピクピクしたり歩いてもフラフラしたりで全然成立しなくなる。
特に、朝に加圧アリでトレーニングすると、疲れて車の運転に差し障って危ない。
誰がなんと言おうと、あたしの場合、加圧アリのトレーニングは寝る前以外に出来る物ではない。
スロトレ、ブルワーカーは朝やってもなんとか大丈夫だから、朝にスケジュールされている。
ただ、朝と言っても朝飯を食った直後なわけで、食後すぐもトレーニングに良くないらしいが、
そんな事言ったって時間を有効活用する意味で、その時間しか安定して空いてないからしょうがない。
あたしが早起きすれば子供も早起きするから、子供と遊ぶ時間が増えるだけで、筋トレは出来ない。
こうして朝晩の短い時間を筋トレに割くと、囲碁は事務所で暇が出来たときに読書するだけになった。

トレーニングが1日10分でも、トレーニング前に何をしては行けないとか、
トレーニング後に何かしたくても出来ないとかっていう時間があるなら、
実質その時間もトレーニングに費やしているような物で、こだわったらかなり続けにくくなるんじゃないかと。
特に加圧するとしばらく集中力が下がり気味になるので、その時間を無駄にするよりは寝ちゃう方がマシ。

プロテインなんか摂取するより、通常の食事でトータルな栄養を摂る方が効率的らしいが、
たかが趣味の筋トレのために食事も好きに出来なくなるなんて話にならない。
好きなときに好きなだけ食べて、それだとあたしの場合は小食だから、プロテインを摂取する。
あたしにとっては食事の見直しは大変な犠牲だが、プロテインを摂取するのは簡単な事。
最大限見直しても好きなときに好きなものを食べるという答えしか出ないから、
つぎはプロテインなんだよ。

筋トレのために生きてる人ではないので、どうすれば効率的かということよりも、
どこまでなら出来るかを先に考えて、それ以上の事はしないつもりでいないと挫折が早くなりそう。
いや、挫折はする予定なので、せめてそれがなるべく先になるようにしていかないと。
ハミガキぐらいなら挫折しないので、ハミガキぐらいに手軽な筋トレしかしないくらいでないとな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。