64bitのVistaに行きたい

1821 letters | 786 views | コメントする

自宅のモデムを新しくしてからまだ、一度も通信のトラブルが起っていない。
これはやはり、モデムが壊れていて、今回この問題は解消したと考えて良いのだろう。
ただしこれはXPでの話であり最近のトラブルなので、、Vistaで1年前から出ていたトラブルは、
モデムによる物かどうか、また、解消したかどうかさえ、まだ確認していない。
このトラブルが、Vistaを使いたくない理由の一つだったので、解消したなら、そろそろまた使いたくなる。
そこで、あとどれだけ、Vistaの気に入らない所があるか、確認しないといけない。



世間では、単にVistaと言えば、32bit版のVistaを指すようだが、
あくまで、あたしが使いたいのは64bit版のVistaだ。
便利なのはXPなので、Vistaはこの世にない方が良いのだが、
自分で作ったフリーソフトの動作確認を目的に、64bitのVistaをインストールしている。
32bitのXPと64bitのVistaで動作すれば、その中間の32bitのVistaでも動作するだろうから、
32bitのVistaをうちのPCに入れる気は全くない。
今は、パーティションを切って、デュアルブートでXPとVistaを使い分けているが、
面倒なので、どっちかを仮想マシンにしてしまいたい。
本当は、32bitのXPで仮想マシンの64bitのVistaを動かしたいが、そういう動作はできないらしい。
だったら64bitのVistaを使って、XPを仮想マシンにするしかない。

ということで、Vistaを常用する上での個人的な問題点を考えていく。

まず、Windows Updateに失敗していること。
昨日も久しぶりにやってみたが全然ダメ。
これが解決しないと話にならない。
SP1が出たらしいのでそれも入れてみるが、簡単な解決法があるか探さなきゃ。
それからでないと、その他の問題をどうするか論ずることも出来ない。

常用のP2Pソフト本体はVistaで動作するのだが、必須なプラグインが一つ、どうしても動作しない。
そのプラグインが使えないなら、このP2Pソフト自体、使う気になれない。
仮想マシンでXPを動かし、その中で動かせるかどうかを、今後検証予定。

あたしはずっと、ホームページの更新を、専用ソフトを使わず、OSについてくるソフトでやってきた。
最初にIEでFTPにアクセスしたら、それをお気に入りに入れておけば、
次からはエクスプローラでFTPのファイルを操作できる。
自分のパソコンのファイルをいじるのと同じ感覚でFTPサイトのファイルを操作できるので、
専用ソフトを使うより楽だったのだ。
ところが、Vistaのエクスプローラは、お気に入りを開く機能がついていないので面倒くさい。
ファイルのソートも面倒くさいので、出来ればXPのエクスプローラに変えたいくらいだ。
そういうニーズは世界中であると思うので、解決法があるかも知れない。

謎のHDDアクセスがXPに比べて多すぎて、寿命を削りそうで使いたくないってのもある。

スタートメニューが、Vista版は階層深くを探るのが面倒で、旧式メニューは便利じゃないので、
ちょうどXPのスタートメニューが良いのだが、これはどうにかならない物か。

Alt+Tabでの切り替えがわかりやすくなったから、Aero ONは確定なのだが、
ONにしてると、UAC警告の時などにいったんブラックアウトするのがうざい。

そこまでいろいろと使いたくない理由があっても、やっぱり64bitでフリーソフトの動作確認はしたい。
64bit専用のテキストエディタも作りたい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。