世界樹までのつなぎ

2180 letters | 586 views | コメントする

たとえば応援団の場合、あたしゃ全ステージパーフェクトで一段落って事にした。
全ステージランクSとか、全マーカー300点とかまで極めたい人もいるだろう。
逆に全ステージクリアで満足の人もいるだろうし、一本木までクリアでやめる人もいるだろう。
人それぞれ、ゲームをどこまで遊び尽くすかは違っているという例。
もちろん、一段落したってだけで、やめたわけではなく、普通に続けてたりする。



年末年始でだいぶやったDQMJは、倒すべき敵もいなくなって飽きたので、
世界樹の迷宮までのつなぎが必要になり、一度はあきらめたカドゥケウス。
出来ないステージは攻略サイトも参考にしつつ、何とかストーリー上のエンディングに到達。
エクストラステージでもっと難しい面があり、ここからが醍醐味だという人ばかりだろうが、
人それぞれの満足して終わるラインは違っていて、あたしゃここまでで十分だ。
むしろ、先に進みたい欲求より、不手際なままクリアしたステージを煮詰めたい欲求はある。
もしかしたら遊び続けるゲームの一つになるかも。
まだやるかもしれないけど一段落ということで。

タイトルで気になった、絶対音感がどうのというやつを試してみる。
個人セーブデータを作成し、まずは音のトレーニングかリズムのトレーニングかを選べる。
リズムのトレーニングって、どうせいわゆる音ゲーだろうと予想し、気軽に遊んで見る。
4拍子でトントントントン、、、覚えたかな?トントントントン、、、100点!
なに!?100点ではないだろ?
応援団だってジャストかチョイズレかで3段階の評価してるのに、
このトレーニングは○か×かのみで、全部○ならズレてても100点なんて評価なのか。
何かの曲にあわせるのではなく、譜面通りにタッチするだけだったから、
ゲームとしての楽しさはなく、リズムのトレーニングはやめにして音のトレーニングを選ぶ。
単音のトレーニングはまだ選べず、和音のトレーニングを選ばせられる。
普通に耳で聞いて、どの和音だったか当てるだけなので、普通の人には楽勝なのだが、
余計なところにゲーム性を出そうとしたのか、判別できてるのにミスさせる意地悪な選択肢。
ゲームとしては楽しめず、トレーニングと割り切るには意地悪で、どうにも憤る。
やる気完全消滅。

いつかやろうと思ってたジャンプアルティメットスターズに手を出してみる。
初期操作キャラであるワンピの何とかっていうキャラを知らない。
すみっこに悟空がいるのに操作はできない。
キャラチェンジでナルトが出てくるがこのキャラも知らない。
チュートリアルを終え、最初に行けるステージ9つのうち、読んで知ってるマンガは三つだが、
そのうちの星矢とDBは詳しいが、ろくでなしは名前もアップ顔も全然わからなかった。
わからない尽くしだとあんまり面白くないんだけど、
ステージをクリアしていくことで星矢とDBのキャラが操作できるようになり、
流星拳だのかめはめ波だのが使えるようになったので楽しくて止まらなくなった。
今度はトーナメントマウンテンで、ピッコロがキン肉マンを討伐するドリームマッチ。
次はキン肉マンを操作してキン肉ドライバー連発とかやったら楽しくて仕方ない。
キャラゲーのくせに。
世界樹が出たらすぐやめれるように、ライトに遊ぶ。

R4の英語サイトにフォーラムが設置してあるのを発見。
http://forums.r4ds.net/
スキン(というか壁紙)が大量にアップロードされていて、いくつかダウンロード。
新年会の余興の練習もあるから、わざわざ新しいゲームに手を出さなくても、
R4のフォーラム読んでたら世界樹までつなげそうな気もしてきた。

B000HQUP5M
B000HQUP5M

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。