imgタグ内altの効果

1477 letters | 530 views | コメントする

“Delphi2006″でググって訪問している人がいたので、実際ググって確認してみたら、
114件中36件が省略されずに表示されていて、その35位と36位がイケドリとオロカだった。
イケドリにもオロカにもDelphi2006の事は書いていない。
なんで検索に引っ掛かってるかっていうと、
汁ムゴ魚からバナーでリンクする際、各ページのタイトルをaltに入れてるからだな。
よそからはリンクされてないし、これ以外に理由はあり得ない。
試しに”rNote アバチュ”でググって見ると、汁ムゴ魚とイケドリとオロカしか出てこない。
よって、
○imgタグ内でalt=””で指定したキーワードで検索出来る。
これは明らかなようだ。



面白いのは、イケドリとオロカがリストアップされているのに、ケンタクは出てないこと。
その違いは、あえて入口にはリンクせず、301で転送させて入口に送っていること。
301で転送すればリンクでの評価は全て引き継がれて当たり前だと思っていたし、
実際、キーワードは関係ナシの「リンクされているという事実」は引き継がれているが、
○301転送すると、imgタグのaltは引き継がれない。
と言うことは確実なわけで、またしてもGoogleの言うことは鵜呑みに出来ない例だ。
△301転送するとテキストでのリンクも引き継がれないのではないか?
△転送先と転送元のドメインが同一か異なるかでどう変わるか?
と言う疑問も発生する。

そもそも、なんでわざわざ301転送してるのかというと、
まさしく今回の例のような、直接リンクとの違いを探すためだ。
そして、その違いから裏技的な物を見つけてズルして上位表示を狙うため。
ホントにもう、公言されていることでも実際に試さなきゃわからないことばかりだね。
ちなみに、301転送についてはコレ。
http://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/3.html
サイトマップの件もそうだし、Googleのヘルプは信じちゃいかん。

と言うわけで、コレまではケンタク内の301転送用ディレクトリにリンクしていたが、
これからは汁ムゴ魚内に転送用ディレクトリを作り、また実験してみようかな。

4809404315
4809404315

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。