どうしても消費が進まないっぽい

ここ数日、筋トレしたわけじゃない部分の筋肉痛みたいな感じがツラい。
頭皮痛いなぁ、頭痛じゃないなぁ、ってのは頭の筋肉の緊張だと思うのよ。
それと首の横も痛くて、こんなところ筋トレしてないだろって感じ。
それって、慣れないチューブトレーニングで力の入れ方が下手で、関係ないところに響いてるのか。
いや、それもあるかも知れないけど、やっぱりハロフルオックスだと思うよ。
やはりこれはあたしにとっては強すぎるんだと思う。
ダナボルDSは毎朝2錠飲んでて、これだけだったら特に副作用は出ない。
ハロフルオックスは1日1錠でも1週間くらい連続で飲めば腰痛が発生する。
そうならないよう、週3回1日1錠って言うペースで今飲んでいるところだ。
腰には響いてないが、どうも体中の余計なところに力が入って疲れてる感じがある。
もしくはハロフルオックスを飲んでチューブトレーニングをしてるからって事かも知れないが。
顎にも力が入っちゃってる感じがあるし、やっぱり1日おきでも飲めないんじゃないかと思ってる。
基本的にダナボルDSだけあれば十分で、買っちまったハロフルオックスを少し混ぜて消費している。
開封済みボトルはだいぶ減ってきたが、まだ未開封も1ボトルあるしもったいない。
まだ犯人を特定出来ないが、体中の関係ないこわばりとかが消えるまでまた休んでみる。
たぶん、ダナボルは性的な現象にほとんど効かず、ハロフルオックスで勃起しやすくなってる。
休んでダナボルだけにして、筋肉はともかくチンコの元気がなくなるかも知れない。

アナボリックステロイドは、より筋肉に効き、よりチンコに効かない物が人気だ。
チンコに効く薬はたぶん、精神状態とか髭の生え方とか、様々な男性化副作用をもたらす。
男性化副作用を抑えて筋肉増強効果だけ強いってのを目指す開発をするのは当然だよ。
ところがあたしの場合は、飲めば勃起もしやすくなる物を一石二鳥で求めている。
けどダナボルはほぼ筋肉増強だけで、勃起しやすさはあまり感じない。
それどころか、薬物の使用によって体内で生産されるはずの男性ホルモン量が減ってしまう。
これのせいでむしろ勃起しにくくなるかも知れない懸念まである。
勃ちやすくなるのはハロフルオックスだが筋肉増強効果は弱く、やはり目的が違う物だ。
両方摂取しても良いんだけど、あたしにはハロフルオックスの望まない効果が大きいようだ。

昔プロホルモンとして買った舌下吸収の1Tやエピスタンもかなり勃起しまくった記憶がある。
だから経口ステロイドはそもそもすべて勃起する物だと思い込んでたんだよ。
けど実用を考えたらやっぱり勃起に影響しない筋肉増強剤がほとんどになっちゃう。
近頃、ダナボルDSにハロフルオックス以外の何かを混ぜて飲みたい気持ちになっている。
その筆頭がエピスタンで、勃起しすぎるくらいを望んでいる。
けどエピスタンはアロマターゼ阻害があるから、ダナボルの長所を消してしまいそうで合わないな。
ウィンストロールやトゥリナボルにも興味があるが、それらは男性化副作用が低いらしい。
って事はそれらじゃチンコには効かないんだろう。
チンコに効かないステを足すことで自己生産の男性ホルモンを減らしたら逆効果だし。
今以上の筋肉増強効果を期待して余計なスタックをすると勃起には悪影響が出るだろう。
勃起を期待してエピスタンを試したいが、たぶん筋肉的には逆効果になりかねない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。