油飲むだけなのに一週間で挫折

糖尿病が怖くてプロテインに糖分ではなくMCTオイルを入れてたが、もう挫折しかかっている。
ちょっと前まではワクチン接種の直後だから本調子じゃないと言う考え方もしていた。
しかしさすがに現時点では、筋肉や関節の調子からしてもなんとなく低調でおかしい。
今朝の筋トレは部位の限界より前に体力の限界が来てる感じで、いつもほど本気を出せなかった。
こんな調子だとやっぱり筋トレ前に少しは糖分を摂取すべきかなと思ってしまう。
多くの人は筋肉のために筋トレをするわけだが、あたしは快楽のためにやっている。
その快楽をより楽しむために、やっぱりエネルギー源はMCTオイルで代替出来なさそう。
しかし本当に糖分を油分に変更したことで調子が悪いのかと言う自信もあまりない。
もう少しMCTオイルで試したい気持ちもあるし、いったんまた糖分に戻ったりしたい気持ちもある。
日中のエネルギー不足な感じもMCTオイルのせいなのか消化酵素のせいなのか確認したい。
けどそもそも糖尿病が怖くて血糖値上昇を避けてみたのに、また戻すことに怖さもある。
急死とかは大歓迎だが、失明とか後遺症を抱えて生きながらえる病気だけは避けたいところ。
ガンになるとか心臓が止まるとかに比べて、糖尿病になるという事の方が恐ろしいわけだ。
あとまとめ買いしたMCTオイルをまだ少ししか使ってないから、今止めたらかなり無駄になるな。
まぁともかく以前のように、朝起きたらプロテインと糖分を摂取して、体が目覚めてから筋トレだ。
そして朝食代わりのゆで卵3個食ったあと、平日は昼食を食わないのでかなり食事間隔が空く。
よって、このゆで卵のタイミングで油を直飲みしようかなと考えているところ。

ダイエット目的でないため、調べてる方向性がちょっと違っている。
あたしは糖尿病の方面で調べてたら、ケトアシドーシスというワードに直面した。
ダイエット方面ではケトン体はありがたい存在であり、あえてサプリで摂取する人までいる。
MCTオイルを摂取するのもこのありがたいケトン体になってくれるからだ。
ところが糖尿病方面では、病気の進行によってケトン体が増えすぎて危険な状態になる。
ダイエット方面でありがたがられるケトン体が、糖尿病方面では体を酸性化する毒物扱いだ。
そうであるならば、ダイエット目的の人もMCTオイルを飲み過ぎれば酸性化して害があるだろう。
MCTオイルを飲み過ぎなくても、糖質制限でケトン体が増えてるだけで酸性化してることになる。
ダイエット方面だとMCTオイルや糖質制限の良いところばかり紹介しがちではある。
けど仕組みとしては糖尿病で酸性化するのと同じように、死ぬか死に近づく症状を誘発するはず。
こういう話を聞いちゃうと、全然関係ない体調不良さえも酸性化のせいなのかと不安になる。
ダイエット目的でなおかつMCTオイルを飲んでなんら不調がない人は全然心配ないだろう。
あたしの場合はMCTオイルの利用で調子が崩れてるから、様々な怖い情報が優先的に耳に入る。
こうなっちまうともう、いったん元に戻してみるのは必然かもしれん。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。