PCT計画も予算で決める

タモキシフェンとクロミフェンについての誤訳は、売ってるショップが発祥と思われる。
ステロイドを売ってるいくつかのショップで、使い方のマニュアルも販売しているのを見かけた。
しかしそのショップ自体が、誤訳された日本語の情報をコピペしている。
つまり、その売ってる使い方マニュアルが危険な誤訳だらけかも知れないわけだ。
あたしの情報源は日本語ではないが、この二つのSERMは役割がほぼ同じという扱いになる。
ほぼ同じだから両方飲む必要はなく、片方を必要な分だけ飲む。
商品名のクロミッド、ノルバデックスで書かれてる事の方が多い。
PCTではクロミッド150mgに対し、ノルバデックスは20mgか40mgで比較されている。
日本語でだとPCTはクロミッドだけって事になってて、ノルバデックスはガイノの薬って話。
でも英語だと、クロミッドもノルバデックスもPCTの薬で、ほぼ同じだよって事になってる。
あくまでPCTでの話で、どうせ同じだってんなら安い方をどちらか買えば済む話。
クロミフェンは100mgで1錠113円、タモキシフェンは20mgで1錠30円くらいになる。
113円を1.5錠飲むのと30円を2錠飲むのを比べたら、そりゃ30円を2錠にするわ。
あたしは間違えてクロミフェンを30錠注文してしまったが、タモキシフェンを200錠注文し直した。
日本語のショップでレビューを見るとタモキシフェンをPCTで飲む人はほとんどいないようだ。
クロミフェンだと50mgしか飲まないってレビューが圧倒的に多かった。
安い薬があるのに買わないで、あえて高い薬を買ってケチって半分飲むのが一般的なようだ。

プロホルモンを飲んでた頃に、PCTの重要さは認識している。
ただ、あたしの場合はチンコが勃ちまくるようなプロホルモンばかり買っていた。
で、オフサイクルで当然あまり勃たないわけで、勃起の度合いで良いか悪いか考えてた。
どの程度のステロイドにどの程度のPCTが必要かを、あまり理解していないかも知れない。
一応計画では、クロミフェンでもタモキシフェンでも割って朝夕で合計1錠を飲むつもり。
んで、クロミフェンはもう買わないので、タモキシフェンで1日30円が良いと思ってる。
他にも毎日いろいろ飲んでるわけで、コスパが一番大事。

フィナステリドは5mgを買って、割って1日20円くらい。
ホントは4分割で10円くらいでも十分効くらしいが、錠剤が小さすぎて割りにくい。
バイアグラ週3とシアリス週3で飲んでるが、どっちも100円くらいのを4分割で1日25円ほど。
こいつらも一生買い続けるつもりでいる。
これに安いステと安いPCTを加えて、低予算で継続していきたい。
高騰したり法改正したりになったら、あたしの健康は一気に圧倒的に損なわれるだろう。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。