アーカイブ

タグ: ‘PCT’ の記事

タモキシフェンとクロミフェンについての誤訳は、売ってるショップが発祥と思われる。ステロイドを売ってるいくつかのショップで、使い方のマニュアルも販売しているのを見かけた。しかしそのショップ自体が、誤訳された日本語の情報をコピペしている。つまり、その売ってる使い方マニュアルが危険な誤訳だらけかも知れないわけだ。あたしの情報源は日本語ではないが、この二つのSERMは役割がほぼ同じという扱いになる。ほぼ同じだから両方飲む必要はなく、片方を必要な…続きを読む

1367 letters | 2726 views | コメントする

あたしの持ってる情報と国内情報とは結構な隔たりがあるので書いておく。 ただしサプリのPCTは意味なしという前提なのは国内外共通で。 エストロゲンのレセプタに先回りすることで、体内にエストロゲンが存在しても働かせないという物では、 一応昔からあるノルバデックスが安くて効果もあるから、PCTの定番と言う事になっている。 クロミッドはノルバと同じ仲間だが、PCT能力は弱いため大量摂取しなければならず、 コスト的に考えてクロミッドを買うくらいな…続きを読む

1298 letters | 1380 views | コメントする

とあるM1T愛用者は、薬の副作用を別の薬で抑える行為が嫌いなんだそうだ。 しかも体質的に副作用が出にくいため、肝臓対策ぐらいしかしないんだって。 でもM1Tはテストステロンの自己生産を強烈に抑制するため、本当は治療が必要らしい。 M1Tの愛用者ですら自己生産抑制が自覚できないくらいだから、 それより弱いプロホルモンを使ってたらもっと自覚できないだろう。 確かにオンサイクルを終えて薬が抜けきると、筋肉の体感も治まってしまうけれど、 通常の…続きを読む