Picasaも使ってよそも使う

 iPhoneのカメラロールはフォルダ分けできないせいで使いにくい。一応最近はフォルダじゃなくGmailみたいにタグを付けて仮想フォルダ分けみたいに出来るようになったらしいので、それで良い人はそうしてるだろう。それでよくない人はApp Storeでフォルダ分け出来そうなアプリを探すだろうが、そういうアプリを使ってもカメラロール自体はフォルダ分け出来ない。でもPicasaに送ってしまえばPicasaがフォルダ分け出来るから、あとはPicasaをWi-Fiでキャッシュしてオフラインでもカメラロールと同様に見れるアプリがあれば良い。って事で久しぶりに有料のアプリを買った。AppStoreで検索してすぐ出てきたやつと、Googleで検索してすぐ出てきたやつを買ったんだけど、AppStoreのやつだけで十分だった。



 ほいでそのもう一つの買わなくても良かった方は、Picasaビューワーにはならない送信専用ソフトで、まぁ、結論としては間違ってかったんだけど、Picasaだけじゃなくいろんな所に写真を送る事が出来るやつだったんだけど、その送り先としてリストアップされてるところのどれかが、もしかしたらPicasaよりもよければ、そっちを使おうと思っていろいろ物色した。で、結論としてはPicasaが特別良いわけでもないけど、Picasaをオフラインでみるためのアプリでいいやつがあるから、Picasaをカメラロール代わりに使うってことで決まり。ただし、動画はキャッシュしてくれないし、Picasaの容量無制限を利用するので、写真は転送時にアプリが自動で3MPにサイズダウンさせることになる。動画はどこのクラウドに預けたとしても、それをキャッシュしてみるという使い方には馴染まないので、どうしてもiPhoneで見たい物だけカメラロールに入れておくしかない。写真をサイズダウンさせないで預けるならどこが良いかなって事が次のポイント。

 たぶんフォト蔵って所が一番良いと思う。サイズ制限も容量制限も一切なしで無料。間違えて買ってしまった方のアプリでフォト蔵に送信出来るので、ここにフルサイズ写真をバックアップしておけば良い。しかしiPhoneで自分のフォト蔵を確認するようなアプリが無さそうだし、動画は制限がきついからバックアップ先に適さない。だのであたしは使わない。次の候補はDropboxで、ベータ版のカメラ転送を使って無料3GB貰ったので、iCloudと同じ5GBになった。公式iPhoneアプリでキャッシュ出来るので、5GBで十分な人はPicasaもいらない。で、あたしは何を使うかというと、プロバイダがYahoo!なので自動的に50GB使えるYahoo!ボックスにしようかと。iPhoneからは公式アプリでしかアクセス出来ないから、閲覧に多くを求めず、アップロードだけ出来れば良いと割り切る。他にも色々候補はあって、特に有料サービスは金さえ払えばやたら便利になるんだから、どこかに有料で何の制限もないカメラロールを作るのもありだよ。

 Androidで撮った物も全てiPhoneで見たいんだけど、iTunesが転送してくれない動画形式ってのもあるわけで、そういうのもクラウド経由でストリーミングならどうにか出来そう。Dropboxのお気に入りマークはキャッシュしてくれるらしいので動画に付ければ良いんじゃなかろうか。再生機能はあるのにカメラロールには入れさせないんだから、やっぱりクラウドをカメラロールにした方が良い。

 あたしには今のところiPhoneアプリを作る知識も道具もアカウントもないから、よその人に作って欲しいと思ってるのは、どうせいろんなクラウドにアップロードできるアプリを作るなら、一発で全てのクラウドにバックアップしてくれるようなやつと、Picasa以外のクラウドをオフラインでストレスなく見るためのアプリだな。特にフォト蔵で良いのがあれば写真はフォト蔵だけで決まり。

 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。