監禁王子

1688 letters | 700 views | コメントする

五所川原のボンボンがネットで知り合った複数女性を監禁し、逃げられて捕まった件について、
裁判がどんな様子だったかを見てきたとか言う話を日テレでやってた。



なんか、ゲームの逆転裁判を実写にしたような個性的な被告人で、
何か質問されるとオーバーアクションでポーズしながら、自信タップリに答えてたんだって。
被告人によると、あくまで監禁はプレイだったらしい。
女はみんな自分の意志で監禁され、被告人が出かけたら逃げるチャンスはいくらでもあったんだと。
それに対して番組では、脅迫されたらチャンスがあっても怖くて逃げれないから、
物理的な監禁でなくても精神的な監禁になるんじゃないかという話をしていた。
そんな被告人に、自殺した母のことを尋ねると急に泣き出したとかって、それも逆転裁判か。
被害者の親にインタビューしてみたり、被告人の祖父にインタビューしてみたり、
昔から監禁が好きで学生時代に問題を起こし、金でもみ消して転校したエピソードを紹介したりもした。

裁判では極めて再犯の可能性が高いということになったらしいけど、
別に人を殺したわけでもないから、再犯の可能性が高いままシャバに出てくるから怖いんだと。
たしかに、サイコ野郎はみんな死刑にして安全な国に住みたいものだけどね。
本村さんの裁判では二人殺すか三人殺すかが今、死刑のボーダーを争ってるくらいだから、
一人までは殺してもいずれ放免され、生涯でもう一人殺すチャンスが与えられる。
殺しに至らなければ何人監禁しようが犯そうが、反省する必要などなく、時が経てば出てこれる。
もちろんこれは捕まった場合の話で、捕まってない人はいくらでもいるんだから、結構危ない。
ブラジルに行った時、警察が軽々しく銃殺するから治安が保てるという話を聞いて羨ましかったよ。

さて、第三者から見たらこの事件はプレイではないということは明白なのだが、
被告人もプレイではないことを知っていて、裁判で戦うためにプレイだと主張してるのならまだ良いが、
もしかしたら、本当にプレイのつもりで監禁していたかも知れないと思った。
首輪をつけて逃げないように囲って、飯食わせて死なないように飼育して、
自分に飼われることが女達にとっても幸せなんだと勘違いしてたんじゃないかなと。
何が幸せか勝手に決めてられて押しつけられたらどんなに不幸か。

犬に首輪つけて飯与えて、シッポ振ってるから喜んでるんだとかいって、
自分の所有物として飼育してるやつらは、それが犬だからやって良くて人だと良くないって言うんだろうか。
法に触れるのは人に対する監禁のみだが、犬に対しても酷いことには変わりない。
べつに犬を飼うのをやめろって話じゃなく、犬を飼うのが正常な精神状態だとすれば、
監禁王子がやったことだけが異常だと区別するボーダーに疑問を持つってだけ。
あたしから見たら、ペットを飼いたい気持ちはエスカレートすれば人間をも飼うようになる紙一重に見える。
監禁というあからさまな手法をとらなくても、食わせてやってるとか平和的な所有物扱いも含めて。

だから、この監禁王子の事件は、犬の飼い主と同じくらい、そこら中にありふれてそうに感じた。
普段から、動物飼うことを正常だと考えるようにトレーニングをしてるようなものだから、
この事件も全く異常に見えず、正常な人の迷惑な犯罪としか感じない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。