悔しくないよね今日は

1860 letters | 528 views | コメントする

今日の分の悔しさは、オーストラリア戦の時点でタップリと味わい尽くした。
今日書くべきことは、そのとき全て書いた。
日本のサッカーは通用しないと、その時初めて気がついてショック受けたが、
それでもクロアチア戦は期待以上にがんばったから面白かったし、
今日はまぁこんなもんだろうなっていう、納得の敗北だ
あれが2点差以上付けて勝つための秘密の布陣とは思えなかったが、
逆に普段と変らず、正攻法の集大成で実力で2点差で勝とうと考えたのだろう。
だからこそ、どうせ策を巡らせてもダメだったろうと納得できた。
たとえ10点入れられてもあの時ほどはへこまなかっただろう。
つーかいいんじゃないかと思うくらいだよ。
結果として何点取ったかとか何点取られたかとかもういいじゃないか。
オーストラリア戦もクロアチア戦もブラジル戦も、川口に何点分助けられた事か。
つまり、GKの気合いでようやく得失点差-7なわけで、フィールドの実力はもっと差がある。
ロナウドにやられて希望を失った時点で、神が逃げたかのように崩れてしまったが、
どれだけスーパーセーブしても点数取れなきゃ無駄だから、崩れても一緒なんだよな。
もう実力差を隠蔽するだけの仕事は続けなくていい。
でもフランス大会ではクロアチアにも負けて3連敗だったのに、今回は1引き分けだから十分。
いや、勝てなかったら全然十分じゃないけど、勝てないことを知ったことが大収穫だ。
弱くてサムライだの神風だの大和魂だの言っても、勝てないものは勝てない。
強くなるかやめるか、ようやくまやかしのない真実に辿り着けたからこれで良かったんだ。



開幕前、世界を驚かせてやろうとか言ってたが、急にボールが来て驚いたのは日本。
オーストラリアに負けても、まだ後2勝すればいいと言っていたが、強がりだったかな。
クロアチア戦に引き分けた後は、まだ決まったわけではないとか、かなり弱気になっちゃった。
ちょっとまて、世界を驚かすチームがそんなにブラジルを脅威に感じるのかと思ったね。
優勝目指すって言ってたのは、日本が世界一だと自信があったからだよな。
で、オーストラリアとやったせいか、他国の試合を見たせいか、そうでないことを知ったと。
良かったじゃないか。

日本が信じたサッカーをこのまま続けても、絶対勝てないって事だけはわかったじゃん。
ヒデがいて俊輔がいて、パスで崩すというサッカーはもう通用しないから今日でやめよう。
守備を犠牲にしてまでアレックスがサイド攻撃をするサッカーは今日でやめよう。
結局一切武器にはならなかったフリーキックをあてにするのも今日でやめよう。
プレスでどうにも出来ない相手には別の方法を考えよう。
体格では勝てないし、高さでも勝てないし、個人技でも勝てないし、どうやって勝とうか?
答えが出なきゃ永久に勝てない。
1対1では勝てない日本が、総合力で勝てる方法があるとすれば、
それは日本にしかできない、他の国にはマネできない何かを見つけるしかないよな。
やっぱり日本伝承のケマリを練習してヒントを見いだすか?
「自分たちのサッカー」が出来ればって言うそれを次回までに完全に見直さなきゃダメ。

日本のサッカーの限界との戦いだから思い切ったことが必要だ。
プロリーグの制度にもメスが必要だ。
とにかく、金をつぎ込んでJリーグに世界中のスーパースターを呼び、
日本のプロの水準を引き上げることがまずは一番必要だろう。
ヒデとかも帰ってきて貰って、Jの強化に貢献して欲しいものだ。

とにかくもう、弱いのに現実から目を背けて精神論を語るサッカーは信じない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。