アスリートはゲームするな

デルピエロが集めた素人対俊輔が集めた素人のサッカー対決で、
彼らは、日本人はゲームばっかりやってるから楽勝だ見たいなことを言った。
そりゃね、デルピエロにとってはジョークの一つかも知れないが、
本気で日本人はゲームのせいで弱体化してると思う。
たぶん、日本代表ともなれば、UNOくらいやってもTVゲームはやってないだろうな。
だがね、その代表のメンバーが闘うJリーガーとか、学生時代の相手はどうかな。
ゲームやってサッカー下手になった人に揉まれても環境は良くないといえる。
アスリート全員がゲームやめて底上げが必要。



ゲームやってサッカー下手になるのか?
あたしゃ、人生という物は何をやってもその人の糧になると考えている。
たとえニートやって遊んでいても、その遊んだという経験が生きるだろうし、
ゲームやってても、ゲームやらない人にはわからないことがわかると考えている。
しかし要はその時間配分で、何をやってもプラスになるといっても全てをやる時間はない。
貴重な時間を割いて、ゲームでコンピューターを攻略する技術なんて、
人間と勝負するアスリートは身につけなくても、むしろその時間にケンカでもしてろと。
キーパーとフォワードの駆け引きは、人と人の1対1の勝負である。
サッカーだけじゃないしスポーツだけじゃないし、人との勝負こそ人生を分ける。
人生で負けてもいい勝負といけない勝負があるかもしれないが、
W杯で相手キーパーと1対1になったときよりもっと重要な勝負などはない。
その大事な勝負でキーパーにパスしたり観客にパスしたり、
日本人は全員が対人恐怖症か?鬱病か?
だから、家で一人でゲームやってるくらいなら、街で誰かにケンカ売ってろという話だ。
ケンカばっかりしてる素人の不良高校生の方が、代表FWより点取るっちゅう話。
毎日1対1でチームプレイを知らない相撲取りの方が、アレックスより突破するという話。
いや別に、ケンカや相撲が推奨ではないぞ。サッカーバカはずっとボール取り合ってろ。
キーパー3人も連れて歩いてるのに、土壇場で勝負すら出来ないFWは何練習してるのか。

ジャンプとかも一人一冊で買わないで、言葉の駆け引きで回し読みの勝者を目指せ。
そのジャンプだが、キャプテン翼で1対1のカラテの世界からキーパーになった若島津がいる。
それは非常にわかる話だと、当時は納得したのだが、
いざ自分でしばらく空手漬けになって、何年かぶりにボールを蹴ろうとしたら、
空手の蹴りが染みついて、自然なボールの蹴り方がわからなくなってしまった。
以前は別に、ボールを蹴る方法なんて考えなくても自然できた当たり前のことなのに、
もう何も考えないキックという物を、体が自然にやってくれなくなっていたのだ。
なるほど、だから若島津はキーパーになったのかと納得し直す。
って、受けるより避ける癖が付いたあたしにはキーパーも無理だったが。
よって、1体1の駆け引きを鍛えるためには空手だけは非推奨だ。

ところでウクライナは、日本を騙して試合を組み、金だけ取って二軍で試合し、
しかも審判におかしな事をやらせて典型的なホームゲームをやった詐欺国家なので、
日本はおそらく、もうこれから永久にフレンドリーマッチは組まないだろう。
大会で当たらない限り対戦することはない。
今思えばアレって日本が意味なくバカにされたんじゃなく、民族差別を受けてたんだな。
あれはサッカーしに行ったのではなく、大集団から差別されに行ったのだ。
そのウクライナが今ボッコボコにやられて、もうザマーミロって感じている。
国歌斉唱中、センターサークルにしかれたシートには、民族差別反対のメッセージがあるが、
ドイツ大会でナチスの国が、一番目立つところに掲げたメッセージがこれってのを大評価。
天罰をあたえた天を超評価。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。