寝具を強力なハサミで切った話

あたしのベットのもともとのマットレスは年季が入ってバネがギシギシしている。
その上に厚さ5センチのウレタンマットレスを敷いて使っている。
マットレスに敷くマットレスをマットレストッパーって言うらしい。
去年の11月にGOKUMINって言うトッパーを買ったが、これはお値段とスペックの妥協点だ。
最初は中身がメッシュになってるエアウィーヴってのに憧れたが全然高すぎる。
メッシュでワンランク下のトゥルースリーパーでさえ、あたしには高すぎて試せる価格ではない。
ほいで結局メッシュですらない、ウレタンの安物だけど元のベッドよりマシだと思って買った。
そしたら寝心地は大変良く、やっぱり肩や腰が痛くなるかどうかは相性があると思うのよ。
誰かにとっては痛くならない寝具が、別の誰かにとっては痛くなる事は大いにあり得る。
そしてあたしにとっては、元のベッドよりウレタンを敷いたベットの方が相性が良い。
全然どこも痛くならない。
ただ一つ問題があって、ベッドと同じ大きさのトッパーを選んだら少し大きめではみ出てる。
そのはみ出してる部分に座ったりすることで、少しずつずり落ちてくるわけよ。
壁側には落ちなくて、テレビがある側に座るからどんどんずり落ちていく。
そのずり落ちを直すためにシーツからかけ直すのが面倒くさくてイライラしてる。
ワンサイズ下の同じ商品を買い直すか、もしくは思い切ってメッシュ素材に手を出すか。
でもそしたら今使ってるトッパーが丸々ゴミになるしみたいな事を考えてた。

あぁそうか今使ってるやつは捨てるんだ。
捨てるんだったら切り刻んでも良いんだ。
と言うことで、中身のウレタンをハサミでカットして20センチほど幅を狭くした。
左右にさえはみ出さなければずり落ちない、と思うたぶん。
左右に少しトッパーの幅が足りないからと言って、左右のギリギリに寝るわけじゃないんだよ。
ベットに座ったときだけ、座布団が椅子の端まで足りてない状態になる。
別に座る分にはベットは硬くないから座布団はいらないんだよ。
硬くないつもりでも一晩寝ると肩や腰にダメージが出るような、非常に微妙な相性だ。
寝る部分にだけ敷ければ十分で、座る部分に足りないのは問題ない。
座る部分からずり落ちることをこれで回避出来るかなと思ってる。

もしかしたら、お高いやつはこれよりさらに寝心地が良いかもしれない。
けど今使ってるやつで何が不満かって言われたらずり落ちることだけだ。
それを工作して回避したつもりなので、もうお高いやつに買い換える理由はない。
自分でも未知のさらに上の世界があるかも知れないと憧れてはいるが、何せお値段が。
今回は下手したら買いそうになってたが、何も買わずゼロ円で節約出来た。
さらにその切れ端まで何かのクッションに利用出来ないかまで考えてる。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。