ボクシングと入れ墨

ボクシングって殴り合いじゃん。
ちゃんとルールがあってケガしないように注意してやってる風の、結局は殴り合いじゃん。
実際はケガしてるし血を流したり失明したり脳に後遺症を出したりしている。
現実としてボクシングは危険な、本当は誰一人やるべきでない下品な殴り合いだ。
でもスポーツだって言えば格が上がるみたいな風潮がある。
最近はeスポーツって、ただのゲームなのにやり過ぎても叱られない良いイメージを得た。
モータースポーツだって暴走族の競走を正当化しただけで、体は動かしてない。
どこがスポーツだよっていう意味では、ボクシングも正当化するには結構苦しいところ。
スポーツって言えば暴力でも何でも許されるって訳じゃない。
不良やチンピラやギャングが殴り合う絵面だと、誰もスポーツだと思ってくれない。
だから他のまっとうなスポーツ以上に、健全さのアピールには気を遣ってると思うのね。
別にヤクザじゃなかったとしても、ヤクザみたいな風体でのボクシングは禁止って事。
もしも入れ墨を解禁し、それをゴールデンで放送したら、結構クレームも入ると思う。
そしてこれが本当にスポーツなのか、スポーツに見せかけた暴力なのかの議論が起こる。
あたしはボクシングを見て面白いと思うし、強ければ何でも良いとも思う。
でもそれをおおっぴらに、スポーツだからと正当化して開催するにはイメージが大事。
殴り合って顔腫らして血を流してても、ただのスポーツだと言い張れる絵面が必要だ。
そのために、諸外国はともかく日本じゃ入れ墨を禁止するのは仕方ないのかなと。
入れ墨してるからって怖い人じゃない文化圏でなら、そんな物は関係ない。
もしくは、チンピラが殴り合ってることを別になんとも思わない文化圏でもオッケーだ。
日本は入れ墨して殴り合ってたら、スポーツだと思ってくれない人が多いと思うなぁ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。