美味くないダマになる粉

1759 letters | コメントする

あたしは長らく、シンサ6っていう米国のプロテインをリピっていた。
それを注文していたサイトが消滅し、英国のマイプロテインに乗り換えた。
日本で買うより米国で買う方が安く、米国で買うより英国で買う方が安い。
そりゃ英国の方が流行るし、だから米国から輸入するサイトが減ったのかもな。
あたしが買っているのは、消化スピードが速いホエイプロテインではない。
あえて、消化スピードの遅い混合プロテインを朝だけ飲んでいる。
シンサ6に似た成分でマイプロテインだと2種類の選択肢がある。
よりシンサ6に近いインパクトダイエットか、もう少し混ぜ物が少ないトータルかだ。
それまで、味で選んでシンサ6だが成分で選べば理想とは違っていた。
その一番理想に近いトータルを、しばらく英国から買って飲んでいた。
で、不味いなぁと思って、インパクトダイエットに乗り換えてみたが、結局不味い。
いや、不味いわけではなく、おいしくなくて混ざりにくい。
おいしくなくて混ざりにくいだけだが、便宜上、不味いって言っちゃうか。
シンサ6は成分で妥協するがおいしくて混ざりやすい。
おいしい分は成分を犠牲にして良いが、おいしくもないくせに成分を犠牲には出来ない。
だからシンサ6とトータルはありだが、インパクトダイエットはなしだ。
トータルは2.5㎏で3000円(クーポン40%時)、シンサ6は6000円くらいになってしまう。

シンサ6は1スクープ47g中のタンパク質成分が22gしか入ってない。
ホエイを選んでる人は90%以上の物を選ぶのに、シンサ6は半分以下だ。
こうなるともうタンパク質摂取じゃなく、タンパク質多めのデザートでしかない。
これでいいならコンビニから完成品のザバスの乳飲料を買ってきても良くないかと。
そんなに安いわけでもないし、成分を妥協しまくってるなら変わらん。
一方で、英国のトータルブレンドは安くて含有率が高く、国産で代わりになる物はない。
でも、おいしくないし溶けにくいし、嗜好品としては失格なんだよなぁ。

あたしが成分優先から味優先に切り替えた頃はまだ、英国という選択肢はなかった。
シンサ6と同じくらいの値段で、おいしくはないが成分が理想的という物はあった。
コンビニからタンパク質多めの飲み物を買うという選択肢もなかった。
今は英国から劇的に安く買えるのに、それでも味優先なのかという決断が必要だ。
安くなくても良いならコンビニにも良さそうなのがあるよって状況だ。
こだわってシンサ6にする理由がとても希薄になってきた。

しかしと言うかやはりと言うか、もうシンサ6しか買う気がしない。
ここしばらく英国産で我慢してきたが、久しぶりにシンサ6を買ってみたら大変よい。
なぜプロテインを摂取するかは無視し、なぜシンサ6を摂取するかになっている。
おいしくてプロテインも入ってるから。

ここまで書いたなら、本来はあたしの好きなシンサ6はどれなのかリンクを張りたい。
シンサ6を名乗る、全然成分が違う様々な商品が売られてるからな。
んでせっかくリンクを張るならアフィリエイトリンクにしたい。
が、楽天とかで売ってるやつはあたしの誘導したいシンサ6ではない。
ま、つまり日本人向けとしてはマニアックと言うことだから、米国で買えと。
米国でシンサ6といえば真っ先にそれだからマニアックではない。
好みというか目的というか、あたしは日本人とは気が合わないんだよ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。