素早く出してもおつりが来る

先日、ほかの同世代の人達とも話をしたが、やはり誰もスマホで支払はしていない。
一人、身に覚えのない何ペイだかが、Yahoo!と連携で勝手に入ってた話は出た。
やはりネックは、田舎すぎて誰も公共交通機関に頼ってない点だ。
たぶん駅はまだしもバスはICカード類で支払する機械がまだないと思われる。
だったらスマホ払いを今やってる人は、買い物のためだけにやってるわけだ。
財布からポイントカードを出して、スマホも出して会計するとか手間が増えるなぁ。
黙って金出せば済む物を、スマホ出しただけじゃなく何方式で払うか伝える必要もある。
Suicaなどのとっかかりがないと、わざわざ始めようと思わない人ばっかりだ。
駅とかでSuicaが便利なのはわかるから、Suicaがコンビニでも使える便利さもわかる。
その便利から便利へと続くロードマップが田舎にはない。
あたしは好奇心により、その田舎にあるでっかい壁を超えたくて仕方ない。
面倒でなかなか進まないが、少しずづ調べて進もうとしている。
今回あたしが気がついたのは、おつりを貰う時間を今まで無視してたって事だ。
店員が袋詰めしている間に小銭を数えれば、支払には全くモタモタしない。
支払ったあとにおつりを受け取る時間だけは、どうしても現金の方が遅いよな。
払うだけと比べたらスマホの方が面倒な気がしてたが、受け取るも含めたら逆かも。
いや、好奇心があるんだからさっさとやってくればいいんだけどね。

今やろうとしてるのは、まだカードすら持ってないSuicaを経由するパターンだ。
調べてたら、SuicaだけじゃなくiDとかQUICPayとかいろいろあるらしい。
あたしはiDもQUICPayも知らない。
Suicaならその便利から便利への連鎖があるけど、iDとQUICPayはどう普及したのか。
ってかどれが良いんだ?
どう使い分ければ良いんだ?
と、まずここで躊躇している。
その後はQRコード決済との使い分けまで考えなければいけないな。
時代に何歩も遅れちゃってる。

それと関連して、あたしが使ってるクレジットカードにはiD機能が付いてなかった。
付けることも出来なかった。
それで、普段Amazonで頻繁に買い物するし、iD機能付きAmazonクレカを作りたい。
作ろうと思って入力してたら用事が出来て、済ませて戻ったら営業時間外だった。
そうすると即時審査は落選と言う事になり、通常審査に回されたっぽい。
別にiDを使わない事になったとしても、Amazonは長く付き合うし、あってもいいだろ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。