犯罪者の出演シーンについて

ドラマ相棒で成宮寛貴が出ていた回想シーンがたまに使われる。
本人は引退しちゃったので、今後の出演はないのはわかる。
でも過去の出演シーンまで使えなくなるんじゃないかと心配してたわけだ。
でも成宮の場合、コカイン疑惑なだけでコカイン逮捕まで行ってないんだね。
ピエール瀧はコカイン逮捕なので、なんかいろいろ中止したりしてるってことでしょ。
これは一時的に?それとも永久に?
テレビ番組に映っている演者の誰かが犯罪者だったら、放送できない傾向が強い。
でもこれって、誰か偉い人が勝手に忖度して、あえて放送しないだけだよね。
作った映画を上映するメリットより、デメリットが多いから勝手にやめるんだよね。
消費者の中には、犯罪者が演じてたら嫌だと言う人とそうでない人がいる。
例えば好きな俳優が出てるとかで見るつもりの人は、脇役に誰がいても些細なことだ。
この人は捕まったよね、と思いながら、捕まってない人をメインに見る人もいる。
相棒を見てて成宮が映ったとして、捕まってなくてもコカインの人だと思っちゃう。
相棒で鈴木杏樹を見ても、初代女将の人が大麻で捕まったことは思い出す。
別に好きで見てる相棒に、そう言う人が出ててもどうでも良い。
でも、人によっては出てたら絶対許さないし、許さない人はわざわざ抗議行動をする。
それに忖度して、偉い人は犯罪者の出てる映画も番組も、なかったことにしちゃう。



「犯罪者のカタを持つわけじゃないが」っていちいち言わなきゃいけないのもそのせい。
抗議行動を起こす人よりは犯罪者の肩を持つわ。
芸能人に人格まで求めるなよな。
プライベートで何してようが、見えてる部分だけ綺麗に飾って見せる商売だろうが。
潔癖なごく一部の人の声にビビって、金かけて作った物をお蔵入りさせるな。
そんな決断しちゃうようなやつが、出演してる犯罪者に損害賠償を求めていいのかよ。
クレーマーにビビって当たり障りのない物ばかり作りやがってる証拠だわ。
出演者が犯罪を犯したら、次から使わないってことで十分だろ。
既に使った部分まで全てなかったことにしないと許さないクレーマーをまず許すな。
損害を発生させてるのは、クレーマーとビビりの連中で、犯罪者の方じゃない。
親友が間違ったことをしたら縁を切って過去の想い出の品も焼き払うぐらいの愚行。
この風潮は日本人に改めて欲しいことの一つ。

こっから、そとで言っちゃいけないけど家で言ってる不謹慎な話。
あたしにとってピエール瀧はすごくマイナーな知る人ぞ知る人。
テレビやラジオに出てたら見つけて喜ぶレベル。
そのマイナーな人物が、今だけ日本中のテレビで話題になってて、大ブレイクだね。
すげー流行ってるね、瀧、よかったね。
別にもう煩わしい副業からはなれて本業をやればいいだけだし。
日本にいたら死ぬまで犯罪者扱い、海外に行けば死ぬまでミュージシャン気取り。
クソしかいない日本なんか相手にすんな、好きにやれ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。