もうやめてるニャンか

リセマラでガチャしまくってたら、全部引くと空っぽになるやつあったなと指摘された。
まさしくそれは妖怪ウォッチぷにぷにで、はまった理由もそのガチャを空にできるから。
リリースした時点では、それが無課金で実現出来ると想定しなかったんだろう。
たくさん課金してガチャすれば、同じやつがどんどんダブるし、自動で重なっていく。
最大まで重なったとき、もうそのキャラを排出しないというシステムだった。
それでもどんどんガチャすれば、全てのキャラを排出不可能に追い込む事ができる。
まさか、そこまでのガチャ回数を無課金で出来るようになるとはな。
それだけたくさん、無料でガチャ出来るゲームなら、あたしがやる十分な理由だ。
まず妖怪ウォッチぷにぷにの第一おもしろ期はこの、無料で打ち止めまで遊べた時代。
その後、打ち止めのないガチャも登場したが、それでもガチャ出来る回数は多いからね。
そして、ソシャゲにつきもののインフレも、よりガチャ回数を増やす方向に進んだ。
なんかもう「強い=稼げる」の図式で、より稼げる妖怪を獲得したくて稼いだ。
まぁ、あたしはその辺で飽きちゃって、マクロで自動で稼ぐ面白さに移行した。
ゲームには飽きても、自分でマクロを改良してより多く稼ぐ遊びは飽きなかった。
これが第二おもしろ期だけど、どっちもガチャ回数を増やす事が面白さだった。
今、もうガチャ出来る回数を運営にコントロールされてしまっててクソつまらない。
ついに、新イベントの説明も読まず、途中で投げ出してしまった。



コンプリートはそもそも最初から狙っていない。
でも、最盛期はイベントの目玉キャラを必ず獲得しようというモチベがあった。
ガチャだったり攻略だったり、どっちにしろ参加するだけの理由はあった。
その参加する理由の部分に「このキャラは使い道があるから」ってのがあった。
使い道ってのが「強い=稼げる」の部分なんで、今は強くても稼げない。
ってか、強いも弱いもない。
新イベントで新キャラを出しても、それを獲得する理由がない。
何が面白くて遊んでいたかを思い出せば、もう遊ぶ理由がなくなった事になる。
そう、ぷにっと新触感パズルが面白くはないんだよ。
ゲームなんかどうでも良いからガチャさせろ派だからね。
だから今も別のゲームでリセマラして、いっぱいガチャして楽しんでいる。
あまりガチャ出来ないソシャゲを継続するくらいなら、リセマラの方がマシ。
ゲーム内容で勝負しようとしてるやつはゲームに飽きたら終わりだろ。
ガチャ回数で勝負しろや。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。