クリリンのことかと

1473 letters | コメントする

ドラゴンボールには、1人1回だけ生き返られるというルールがあった。
そのせいで、1回までは死んでも良いみたいな命を軽視する戦闘が行われた。
殺した敵を恨む際も、2回目なんだぞこの野郎的な、1回は恨まない感じだった。
で、問題のクリリンは2回目の死に臨む寸前、自ら死亡フラグを立てる。
生きてる間に一度くらい結婚してみたいとか言ってた。
いやテレビでの話だから原作はどうだったかな。
子供向けのテレビで、童貞のまま死にたくないとは言えないわけだろ。
でもまぁ、大人が大人の解釈をすれば、結婚してみたい訳じゃないのはわかる。
昔すぎて記憶も曖昧だが、クリリンが拳法をやってる理由はモテたいからだったよな。
モテたいというモチベーションで、地球人の中では一番強くなった。
1回は生き返って、やりたいことはセックスだと言い残して、2回目の死を迎える。
拳法なんかやってないで、もっと直接的な努力をしていれば良かったのにな。
普通の人は1回目の死で既にかわいそうだ。
ドラゴンボールで生き返ったら、もう本当に全てをそれに捧げるべきだった。
そのことを言い残して、その時点での絶対的な設定だった2回目の死だ。
いやその後すぐ設定は撤回され、別の方法でまた生き返るけれども。



あたしが言いたいのは、その後のクリリンの狂気だ。
世界を滅ぼそうとしたロボットのうち一体を気に入り、結婚したと紹介した。
これはさすがにかわいそうだ。
他のみんなも、クリリンの生きる目的がそれだということは知っている。
あまりにもかなわないからって、まさか人間ですらない、オモチャと結婚したって。
もちろんオモチャだから戸籍もないし、届出できるわけもない。
娘がいるっぽいが、それだって鳥山明だからアラレの赤ちゃんと同じだろう。
人間にもてなさすぎて、2回も死んで生き返ってと繰り返し、おかしくなった。
オモチャを溺愛し、乗っかったりして遊び、友達に結婚したと紹介する。
恥ずかしげも無く。
本当に心から嫁だと思っている。
でも自分でも嫁のことを18号と呼んでるし、南極とかそう言うものだとわかってる。
完全にかわいそうだ。

でもさ、クリリンにしてみたらあのオモチャが人間よりいいって事だろ。
他人から見たら、良くこんなのと結婚したなっていうドブスだっているじゃん。
だから人間の中でも好みは人それぞれなんだ。
人間の女よりオモチャの方が好きだってんなら、クリリンは幸せだろうよ。
むしろ、クリリンの理想が高すぎて、人間の女があわせられなかったのかもよ。
モテないんじゃなく、モテるけどクリリンを満足させられない。
人間の女じゃ欲情しなかったのかも。
で、世界を滅ぼそうとするオモチャを見て、急にムラッときたのかも。

なんか、クリリンのことが好きになりそうだわ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。