袋入りプロテイン破裂

1636 letters | 962 views | コメントする

 米国のプロテインはほとんどプラスチックのボトルに入って売っているわけだが、タップリ飲んでタップリとゴミが出ることを考えて袋入りのプロテインを選んでいる。そのために選択肢も少なくなってしまっているが、かろうじて、容器を理由に選んでもまだ選択肢はある状態。今回初めて、ダイマタイズの10lbsで3色ミックスっていうのを選んだんだけど、袋が破れて送られてきた。売ってる店のホームページには、袋入りのプロテインは飛行機の気圧変化に負けて袋が破れるけど我慢してね的な注意書きがあるわけで、いつか袋が破れるだろうと覚悟してはいたのだが、今回の破裂を見て逆にちょっと安心した。と言うのもこのダイマタイズは紙の箱の中にビニールの袋が入っているというスタイルで、中袋は非常に貧弱な特殊な例なんだよ。そんな貧弱な袋でさえ、10lbsを2つ買って計6袋入ってきて1袋しか破れてないってことは、気圧の威力なんてたいしたことない。オプチの袋入りはまだ買ったことがないけど、BSNとかギャスパリとかの袋は結構丈夫なので気圧のことは考えなくて良いかも知れない。中袋の裂けたところにはガムテープを貼って補修したが、袋もテープもシワがないように貼らないと、そのシワからどんどん粉が漏れて来ると言う事がわかった。今のところその辺を注意して何度か貼り直して問題ない状態だが、補修するくらいなら別容器に移した方がいいかも知れない。移すべき容器がないから補修したんだが。そしてその破れた袋はべーリーブラスト味で、当然破れたやつから先に消費するわけだがおいしくない。たぶんベリーブラストは特別おいしくないんだろうが、成分優先のホエイだから味優先のシンサ6に慣れちゃったこともあって特別不味い。3色ミックスのやつはこのベリーブラストが理由でもう買わないと思う。ともかく次回はオプチの袋も買ってみるわ。



 海外からプロテインを買うと、プロテイン以外のサプリの広告が入って来る。その広告の小冊子に書かれていた物のうち、炭水化物を食っても吸収しないようにするってヤツが最も気になった。たしか今新しく出てきたものでもなく、以前からあったのに興味がなくて目に入らなかっただけだと思うが、そこのショップで買う度に貰ってるいつも同じ小冊子の中でそれだけ今回は目に入った。「アルファアミラーゼの働きに変化を起こす」って嘘臭すぎる。それ酵素でしょ。酵素が働かないようにするって本当だったら危険な薬物なんじゃないのか。と言うのが最初の印象。でも日本でもそういえば、糖の吸収を穏やかにするトクホがあったなぁとか思い出した。まぁ調べてみるとそれとは別の酵素を狙う物質のようだが、どっちも豆から抽出したものらしいので、豆類には糖の分解関連酵素とかち合う何かがあるのかも知れない。

 最近、空腹を感じないのにする食事に疑問を感じて、思いっきり食事回数が減っている。食事の回数が減るって事は食事の間隔が開くって事で、間隔を開けていきなり食うラーメンとかご飯とかで血糖値はがつんと上がってるはずなのよ。あたしは血糖値と腎臓がとても気になっているので、このサプリにも非常に興味を持った。プロテイン屋でサプリも一緒に買えればいいのにってずっと前から言ってるけれども、そこは一緒には買えないみたいで全然ついでにならないので、やはりサプリはアイハーブで物色。日本語のレビューを見るとやっぱり英語のレビューに比べて程度が低く、血糖値の変化に関する事より痩せたかどうかの基準で書いてる人ばっかり。英語の方が血糖値に関係することを多く書いてはいるけれど、メリケンがどのように血糖値を調べてるのかわからないし。糖尿病が多い日本人の方がこういうのは効き目がハッキリすると思うんだけど、糖尿の人は薬物をつかうのであって、サプリで血糖値をどうにかするってのはしょせんダイエッターぐらいなんだよな。とりあえずこれ気になる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。