終焉の噂

2593 letters | 1042 views | コメントする

 携帯キャリアだって企業なんだから、最終目標は利益なわけだけど、利益より契約数を優先してる現状がある。とにかくたくさんスマホを売ること、それが0円だろうが7万円だろうが、同じように1デバイスとしてカウントしている。とにかく契約回線数を増やす、それがフラット契約7千円だろうが最低維持780円だろうが割引5円だろうが、1回線としてカウントしている。儲けなくても良いから、いや、損しても良いから数だけ増やしたいっていう各社の傾向は、一体何の得があってやってるんだか、いつまでやるんだか分からないが、ともかくそれを利用して得している人間がいる限り、利用しないの料金にはね返っているのは確実だ。長期回線の人が安くなるとかっていう大々的発表があるまでは、少なくとも手を返し名を変えて、無駄に数を増やしてくれる人が得をする体制は維持される。



 キャッシュバックでの競争が終わるという噂がネットの情報で飛び交っているが、じゃあ次は何で競争するんだろうか。競争から降りたら負けなんだろ。多少の利益は犠牲にしてでも数を増やさなきゃいけないんだろ。それに協力できる人なら、たとえ乞食だと分かっていても利用したいのが本音なんだろ。じゃあ乞食用にどんなエサをくださるのか、今より悪くなったら競争に負けるから、今より良くなるんだろうと信じて待っている。少なくとも、MNPには違約金とかかかるわけだから、それを補填するキャッシュバックまではなくならないだろうし、それを維持した上で別のお得まで用意してないとドロップアウトなわけで、まさかMNP用回線を維持して損が出ることには決してなるまい。

 MNP乞食はひとりで複数回線を持つが、一般人は一台だし、最近は通話用とスマホを分けて二台がいい所だろう。で、一台しか持ってない人に二台目をお得に買わせて回線数を増やす作戦も流行ってるな。一台しか要らない人に複数台買わせて、同時ならお得って作戦も流行ってるな。もう既に携帯は一人一台が当り前だから、一台目を売る作戦はあまり流行ってないけど、二台目以降を売る作戦は流行っている。二台目以降を持ってる人がまだまだ少ないから、そこをターゲットにすれば乞食なんか相手にしなくてもいけるかも知れないという算段が見受けられる。でもね、一台目と違って二台目の普及は難しいよ。ウィルコムは話し放題だけどエリアが狭いって事で二台目にする理由があるが、普通の携帯キャリアから一社で二台持ったって、つながらないときは両方つながらないんだぜ。通話用とデータ用?じゃあスマホ一台持ちよりガラケーとタブの方が安く提供出来るの?つーか二台持つと邪魔だし、少し高くてもスマホ一台で全部やれた方が良い人をどう騙すの?昔からのガラケー機能を多少犠牲にしてまでスマホにする人に、ガラケーはガラケーのまま使って、さらにスマホも持てば良いよっていう二台目戦略をするわけだが、ガラケーで満足してる人にスマホを勧めるんだから、スマホの方が良くて乗り換える人より財布の紐は固いと思うんだよ。たとえ二台目が激安でもガラケー一台よりは高くなるんだろ。しかもかさばる。それでスマホ一台に勝てるわけがない。それでに二台目作戦を狙うなら二台目は料金も含めて完全無料に近いことをやらないとダメだよね。データ専用回線なのにデータをケチって使わないと高額になるとかはあり得ない。もうね、使い放題で無料くらいじゃないとガラケーの人は回線通追加しないし、スマホの人は普通にスマホ一台から増えないわ。いや、たぶんそれくらいやるんだろう。キャッシュバック減らすならな。やらなきゃ脱落するから後には引けないんだろ。

 たとえばau回線一つ持ってる人なら、二台目にiPhoneをデータ契約で定額5円、キャッシュバックなしとか。そりゃMNP乞食も契約するぜ。しかも2年間2回線維持するだろ。その上、すぐMNPできる回線補充のためにあと2回線作るかも。しかしこれくらいやらないと、回収見込みのない違約金を払ってまではMNPしないよな。例えば月500円ぐらいかかるとしたらiPhoneでももう微妙だな。一台目維持しつつ、しかもメインの電話番号とは別の二台目でかかる追加料金だからな。これは乞食じゃなくても一般人感覚でもそうだろうし、はたしてauにそこまでの庶民心が読めてるかどうかだな。一台目にiPhone0円はいくらSoftBankに負けてるからって無理っぽいよな。SoftBankよりはわずかに有利そうな条件を出すかも知れないが、それ以上ははしなくても客はつくし。ただで貰える可能性があるラインは2台目で4Sって所か。ただし一台目を少しお高い契約で。あくまで4Sの契約が高くなる風にはせずに。二台目にXperiaが0円とかの方が望みがありそうだし、それだとあたしは欲しい。今は使わないけど2年後に予備として使うかも知れないから、2年間ほぼ0で維持出来るなら動きたい。一台目も最低料金で維持しなきゃいけないなら微妙。

 すべて、あたしが乞食目線で書いた妄想だけど、それも叶えられないようでは庶民目線でもうま味なしなわけで、庶民の二回線目なんて当てに出来ないし、庶民の一回線目すら勝ち取れなくなるな。だからきっと、キャッシュバックが減ったらそれ以上にうまい何かが来るはずだ。競争だからな。もしくはどう頑張ってもキャッシュバックはやらざるを得ない。庶民の回線契約数を増やすには、即解約のMNP乞食も群がるような契約内容にせざるを得ないわけで、乞食も寄りつかない内容では庶民は一回線しか契約しないし、もう一回線目は頭打ちだ。なぜかやつらは利益より契約の数、端末の数を重視してるので、それが続く以上、たとえ還元方法が変わる事はあったとしても、必ずや回線数を無駄に増やしてくれる人に還元するようになってて、競争だからやらざるを得ない仕組みになってる。キャッシュバックが終わるって?ほう、次に何が来ても良いように弾込めとこっと。って、おそらくよその乞食も思ってるはず。乞食じゃない人が、乞食ザマミロ的に思ってるかも知れないけど、プロは動揺してないんじゃないかな。あたしはiPhoneとXperiaがタダで貰えるかどうかを伺っている。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。