マーケットがバグっとるよ

カメデス公開から今日までに、ダウンロード数6、その中で有効なのは1と表示されている。
国はタイで言語は英語だそうで、日本語しか使ってないのにタイってことは、
おそらく何かのボットが働いただけで、本来のユーザー数は0と思われる。
しかし間違いダウンロードやボットによるクリックはあっても良いはずで、
ダウンロード6から増えないのはおかしいと思い、設定をチェックしたところ、
有効端末0という表示になってる。
よく見ると、マニフェストのuses-featureで、androidと書くべき所がコピペの漏れでndroidになってて、
そのマニフェストで動く端末はないという、ごく当たり前の結果になっていた。
そこを直したんだが、まだ有効端末7という寂しい事を言われる。
世界中にたくさんあるAndroid端末のうち、7つしか動作できないってどういうこっちゃ。
本人がDell Streakで開発してるのに、Dell Streakはマニフェスト設定で動かない事になってる。
まぁ、ndroidってやったことが原因かも知れないが、バグってしまったんだろうな。



それでググって見たら、他にも有効端末0で悩んでるって人がいるようで、
その人のuses-featureはtouchscreenとlandscapeのみらしいんだ。
touchscreenは、uses-featureに書かなくてもプログラムがタッチスクリーンを使っただけで表示される。
しかしlandscapeはちょっと曖昧というか、ここがバグってると思うんだが、
uses-featureに書かないでscreenOrientationにのみ書いた場合、表示されたりされなかったりする。
初期の、ndroidって誤記載してなかった時点では表示されず、たぶん誤記載してからバグって表示された。
ndroidを直してからも表示を消すことは出来ず、もうこれを消せば有効端末が増えることは明白だ。
ところがカメラアプリの宿命上、screenOrientationは書かないわけにいかないし、
書けばuses-featureがバグって有効端末7になっちゃう。

どうしようもないかなぁと思ったんだが、uses-featureに、required項目を足せる事に気がつき、
あえてlandscapeを書いてfalseにするという回りくどい事をして、有効端末が283に増えた。
もちろんDellも有効端末に含まれ、ようやく自分の端末からマーケットで検索して辿り着けた。
これまでは、パソコンで検索すると出てくるのに、端末で検索すると出てこなくて、
端末の設定が間違ってるのかとは疑ったが、バグってるとは思いもよらなかった。

無駄にバージョンが上がってるのは本当に上がったからではなく、そうしないと登録し直せなかったから。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。