LlamaとWi-Fiと私

1313 letters | 1592 views | コメントする

寝ている間に20%もStreakのバッテリーが減る事が気になり、Wi-Fiを切って寝たら10%くらいだった。
カスタムロムを入れる前は、Wi-Fiオンでも2%くらいだった時期が確かにあったので、
カスタムロムが電気食ってるか、最近入れた何かしらのアプリがスリープしてくれないかだ。
なんの恩恵も感じないので、純正ROMに戻せるなら戻したいが、なんせエラーで止まる。
全然満足じゃないけど、とりあえずWi-Fiはオンとオフで違いが出てるので、オフで使う事にする。



しかしLlamaを使ってスリープ時だけ自動でWi-Fiをオフにする設定をしてると、非常に挙動が怪しく、
使ってる途中でWi-Fiが切れたり、切れたWi-Fiをつなげようとした瞬間でシステムが固まる。
Llamaが悪いのかと思って他のアプリで制御してもやはり同じ現象が起る。
StreakDroidが悪いかも知れないが、なんせ純正に戻せなくなっちゃったからもうどうにもならない。
ともかく理想は、Wi-Fiをいじらなくても一晩で2%になることだが、
今の状態じゃWi-Fiをいじっても一晩で10%だし、いじってるせいで挙動が怪しい。
好奇心だけで導入してみたカスタムROMだが、別に悪いことはないだろうと思ったし、
すぐ戻せるとも思ったわけで、こんな状態になっちゃうなんて、本当に失敗した。

スリープ時のWi-Fiオフが不便かと言えば、別に不便じゃなかった。
SIMさえ入ってればSMS/MMSがリアルタイムで届くので、Gmailの転送設定で通知をもらい、
スリープ時はWi-Fiもパケットもオフにして使っても、なんら支障がない。
通信以外にも、スリープ時にはオフにしても問題ない機能ってのがもっとあると思うので、
影響が小さそうな物でも一応オフにしておこうかと。
たとえば画面回転機能なんか、論理的にはスリープ時にオフにしても意味がないと思ってるが、
この際、オフに出来る物をなんでもオフにしておきたい。

バッテリー消費が多いと、いざ電話として使う時に足りなくなると困るので、
余計な娯楽のために利用するのはもったいないわけで、ゲームやiPod的な機能は使いたくない。
しかし音楽をかけたままスリープにしたりも出来るみたいだから、
何かしらのサービスを止めることでそれが出来なくなるような部分があるとすれば、
その部分でも節電出来るのかなぁと思ってる。

他にバッテリー消費が上がった日にやったのはメーラー変更くらいなのだが、
そもそもメーラーは手動受信のみにしてるので、フェッチだのプッシュだのしてないはず。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。