最悪のオフ

1328 letters | 792 views | コメントする

某所ではオフも目標を持って頑張るためのホットロックスという位置づけをしていて、
その目標ってのが脂肪減なのか筋肉増なのか同時進行なのかはわからないが、
オンとは違う目標を持つことで、オフも好きになれるのかなぁと解釈したのだが、
少なくとも、ファットバーナーを利用して脂肪を落とす事を目標にするオフは全然楽しくないな。
三食は別に普段通りだが、おやつは食べないように我慢し、ちょっとの空き時間にステップ踏んで、
別に大したことはやってないんだけど、毎日体重計に乗って、
タイムリミットまでにいくら減らせるかというプレッシャーと戦うのが精神的によくない。
特に、前半は風邪引きながらグングンやせたからまだよかったが、風邪が治ってからは停滞し、
これ以上のまとまったオフは無駄なんじゃないかって気になってきた。
23日までせめて停滞くらいで勘弁して貰って、増えすぎないで欲しい。
今のところ、一日のうち70㎏を切ってる時間帯もあれば超えてる時間帯もあり、
この辺が普段通りの生活でファットバーナーだけ飲んだ場合の限界ラインだろう。



思い立ったら吉日で衝動的にファットバーナーを買ってすぐ飲み初めてって感じだったから、
今回は一ヶ月くらいかけて体重を落とす事になったが、これは長すぎて耐えられない感じ。
ただでさえオンが待ち遠しいのに、オンと逆のことをしながらオフって感じでつらい。
偶数月の初日から23日間だけ落とす事を考え、最終週は非メチルのフライングに移行って感じにしよう。

オキシエリートが効いたかどうかについては、まぁ、ゲップ出そうな満腹感を生み出すので、
食べる量に多少の影響はあったかも知れないが、微妙だなって感じ。
他のほとんどのファットバーナーよりカフェインが少ないので、その辺はあんまり体感なし。
イライラはしてるが、ファットバーナーのせいか体重減のストレスかよくわからない。

朝立ちによる排尿妨害が復活してきたなぁと感じると共に、ザーメンの量と勢いも回復傾向だ。
主眼はテストステロンの自己生産量であり、ザーメンの生産とリンクしてるとは言い切れないのだが、
黄体ホルモン系プロホで減った分が回復するには結構時間がかかるなぁって感想を持った。
リキッドロンがあと2個、捨てずに使う予定なので、その時はオフの間ずっとPCT飲もうかな。
DHT系のプロホは減退を感じないけど、1週間くらいPCT飲んでみるかなぁ。
ただ、PCTサプリやプロホのアンチエストロゲン効果が性欲を抑制する事もあるようで、
テストステロンが増えて性欲が減るとかっていう現象が発生するとなると、ますます意味はわからないが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。