良い試合ではない

1724 letters | 764 views | コメントする

うちの嫁ですら亀田と内藤の試合は見たいと言ったくらいに、国民の注目度は高かったが、
それって、面白いカードだったから視聴率も良かったのであって、試合自体は本当に面白かったか。
結果がわかっていたあたしにとって、楽しみは内容だけだったが、果たしてどこに面白さがあったか。



内藤のボクシングスタイルは、亀田に言わせたらゴキブリであり、それが彼の良い所でもある。
日本人で世界チャンプになるボクサーというのは、たいがい優等生のボクシングをするが、
内藤はそういう綺麗な戦いをするタイプではなく、まさにゴキブリのようにブザマに戦うのだが、
綺麗な優等生のボクシングをする相手を、下手くそなボクシングで倒しちゃうところが面白い。
あたしが内藤とかラバナレスの試合をついつい見ちゃうのは、彼らのボクシングが下手だからだ。
こんな下手なやつが、すごく上手なやつに勝っちゃうってのは、許せないから逆に見てしまう。
上手な人が上手に勝つのは当然のことだが、下手な人が勝つと言うことに納得できなさが気持ちいい。
こいつ、こんなに下手なのに、凡人にはわからない何かを持ってて、なぜか勝っちゃうんだよ、てのがいい。
そのゴキブリスタイルが、亀田戦ではほとんど出てなくて、単に下手すぎる踏み込みのフェイントだけ。
たまに内藤は自分の試合内容が悪かった事を謝罪するが、内容なら今回が一番悪かった。
ゴキブリも出来ず、上手なボクシングも出来ず、ただ下手なだけで全然面白くなかった。

亀田の方も全然亀スタイルじゃなくてサッパリ面白くなかった。
いや、これがむしろ勝ちに行くときの亀スタイルなのか。
どこぞの最初から話を付けてある外人さんとやる時は面白いボクシングをやるが、
話がついてない相手と戦うときは面白いボクシングは出来ないんだろうか。
だったらもう亀田には、全て台本ありの試合をさせて、調子に乗った面白いボクシングをさせても良いよ。
せっかく弟が、謹慎空けまでの短期間でそれなりに上手なボクシングをするようになったのに、
兄は進歩したかどうか全然わからないような、なんの魅力もないガチガチのボクシングでガッカリだ。
ビビりまくって動きが悪いと、見てる側もかわいそうになって全然つまらん。

実況がまた下手すぎてビックリしたし、酔っぱらってるんじゃないかと思ったほどだ。
クリームシチューにコメントを求めたことも、これって罰ゲームで呼ばれたのかと思ったほど恥ずかしかった。
赤井さんとか、こんな酷い試合を名勝負だと言わなきゃいけなくて散々だったろう。

内藤が面白い試合が出来なくなってきていたことは、前回までの防衛戦でもわかっていたので、
今負けて引退したとしても、見る側としては全然もったいなくないし、復活して欲しいとも思わない。
ドラマが見たい人は頑張って欲しいとか言うだろうが、ボクシングの内容しか見たくないあたしにとって、
内藤は終わった人だ。
知らない人に負けて終わるくらいなら亀田と宿命対決をやって終わる方がいいし、
最後に良い仕事をしてしっかり終わってめでたしめでたしって事で良かったよ。
では、まだ若くて将来ある亀田はどうかと言えば、こんなつまらないボクシングをするならもういらん。
パフォーマンスが見たい人とかは楽しめるのかも知れないが、ボクシングの内容はこんなじゃダメだ。
興毅は度胸が小さすぎて話にならん。
外人と八百長ショーをやってくれる方が爽快で良いよ。
亀田でガチンコはもうたくさん。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。