鍛える必要すらない

1698 letters | 714 views | コメントする

1-Tとトレンボロンは似たような効果があるらしいが、前駆体でも確かに似たような体感がある。
それ以外の物を試してないので、それ以外でも体感は一緒なのかはわからないが、
少なくとも、1アンドロとリキッドロンは使った感じがかなり近い。



まず、鍛えた部分がつりそうになる。
特に上腕三頭筋が今つりそうになっている。
1アンドロの時は後半実際につりまくったが、リキッドロンはまだ始めたばかりで、つりそうだがつってない。
これからつりまくるかも知れないし、つりそうだけどつらない状態で終わるかも知れないし。
それは効果として望むところだが、望んでもいないし鍛えたつもりもない部分まで効いてくる。
風呂に入ったときのふくらはぎのパンプ感とか。
モモの裏からお尻にかけて、まるで鍛えたかのような感覚になっている。
フィットネスクラブにあるモモの裏を鍛えるマシーンで無茶したような感じが、
日常生活の立ったり座ったりの動作の時に感じられるくらい。

鍛えた部分がより鍛えられた感じになるのは大変結構なことだが、
鍛えてない部位まで鍛えられた感じになると言うことに、今多大な興味を抱いている。
そもそも筋肉の発達はゆっくりなので、ちゃんとサイズを測るなりして何ヶ月も経過しないと、
自分では鍛えられてる感覚があるからって、本当に鍛えられてるとは言い切れない。
感覚があっても効果がないサプリメントだってあるかも知れない。
しかし魔法の薬じゃなくれっきとした化学物質なんだから、
筋肉が増える効果があるのか、それとも筋肉が増える気がする効果があるのかは、
個人差とか関係なしに最初から決まって変化せず、その効果を売りに商品化されてるわけで、
どこをどうねじ曲げても、鍛えた感覚があるんだから鍛えられてるんだよ。
自分では何もしてないつもりでも、ちょっとの運動でいっぱい鍛えられた感覚が発生してるんだよ。

となると、極論を言えばプロホなしで鍛えるより、プロホありでゴロゴロしてたほうが良いかもしれない。
一般の経口プロホは肝臓に悪いからダメだが、舌下吸収なら一年中やっていいんだから、
ダンベルもプロテインも買わずにお金をつぎ込んで舌下プロホを買えば良いと思う。
テレビの通販で売ってるサプリって一日数百円の物もあるくらいだから、そういうのを買うくらいなら、
今は円高だから一日150円くらいで買える舌下プロホの方がお得だろうに。
何日続くかわからない運動器具を買わずにプロホを買った方が良い。
もちろん、プロホをやった上で運動もすればさらに良いのは明白だが、
運動したくない人は、無理に運動するよりプロホなめてる方が長続きするはず。
話題のメタボもロコモも、処方薬としてプロホを出せば、少なくとも男は全員解決だろう。
女はつらい運動を継続するしかないが。

あたしは自分では筋トレしてるつもりでも、よその人に言わせたら軽い運動してる程度なので、
まさにプロホなめて筋トレしないとどうなるかを実践してやってるような物かも知れない。
そう言う人の意見として、あたしみたいな中途半端な筋トレをプロホなしでやってたんじゃ、
何にもしなくてもプロホだけなめてる人にさえ負けそうだと実感した。
いやもちろん筋トレもした方が良いけども、あえてどっちが有効かと言えばプロホだな。
プロホの威力を上回るほど、筋トレが上手に出来るようになる自信がない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。