本物のボクシング

内藤の対戦相手の清水も悪くない。
あのゴキブリみたいにイライラさせる動きの内藤を序盤から制していた。
研究し尽くしたという印象だ。
いや、ゴキブリ戦法は研究して対応できるような物とは思えないが。
それでもなかなか内藤が通用していない。
今日はきっと内藤が負けることを想定した人などいなかっただろうが、
1Rとか2Rとかでもう新チャンピオン誕生の波乱は起きそうだった。
挑戦者はなんかイケメンだし、コイツが内藤の代わりにヒーローになった方が国民は喜びそう。
あたしゃラバナレスが大好きだから、ラバナレスみたいな内藤も好きだ。
正統派のボクシングなんて誰がやっても同じだし、一つ一つのワザにもう驚けなくなっている。
それよりならゴキブリ戦法の方がまだ新鮮だし、あたしには楽しめる。
そういうマニアックな人はごく一部で、普通の人はかっこいいボクシングが面白いはずだ。
もしかしたらあるかなと思った。



あたしのような素人でも挑戦者が勝ってるのはわかるんだから、当然ジャッジも挑戦者有利。
ポイントで勝てなくて焦ってる姿が痛々しく、どんどん墓穴を掘ってるようで、本当に負けそうだった。
今まで、ポイントで負けてる方が無理に打ちに行って逆転できた試合を見たことがない。
すなわち今日始めてみた。
面白くて仕方ない。
これぞ本物のボクシングだ。

、、、で、せっかく、本物のボクシングに興奮してたのに、偽ボクサーがリングに乱入。
まぁTBSだからしょうがないけど、局ぐるみのサプライズなんだろうな。
あいつ、リング下にでも潜んでたのか?
台無し。

若造で、しかもペーペーで、実力も嘘だったとバレた興毅が、
年上で偉大なチャンピオンになんで対等であるかのようにじゃれてきてるんだ。
あいつまだわかってないんだな。
亀だけは反省したフリばっかりでどうしようもないな。

最後なんか、まるで次は試合しようと約束でもしたかのように見えたが、
亀田は勝算がない試合はしないので、やろうやろうというだけで絶対やらないはず。
内藤も亀田のレベルでみられるのは不本意であり、やる意味がないからやらないはず。
亀田はずっと、吠えながら八百長が効く相手とだけ試合して引退する偽ボクサー。
内藤は本物のボクシングで楽しませてくれる、ポンサクにしか負けたことのない強者。
しかもスタイルが好き。

亀田がいなければ内藤がゴールデンで見れることもなかっただろうから、
亀田のおかげで本物のボクシングが見れている。
でも亀田の役目はもう終わった。
不要。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。