おぼえたて回帰

1673 letters | 927 views | コメントする

あたしが一番最初に買った囲碁の本は、「おぼえたての碁」だ。
http://wantech.ikuto.com/diary/55igo/2007/07_0720_1114.htm
おぼえたてというか、まだおぼえかけの時点でこの本を読み、それ以来放置していたが、
昨日、ちょっと時間があったので読み返してみた。



当時は難しくて、少し読んでは休み、また少し読んでは休み、一冊に何日もかかり、
内容もあまり理解できていなかったが、今ならわかるし面白いし一気に読み終わる。

わかるようになって読み返して思ったのは、やはりおぼえたてには難しいだろうということ。
あたしはルールを「ヒカルの碁」のゲームで覚えたので、一番最初に読むべき入門本は持っていなくて、
手持ちで一番やさしいのがこの「おぼえたての碁」だけど、
この本を最初に読んだ時点ではまだ、この本を理解できるほどの経験は持っていなかった。
自分ではおぼえたてに該当するつもりで読んだが、ルールしか知らない程度だとわからない本だった。
内容を理解できるようになってみて、そのことを再認識した。

そもそも最初に読んだ時点では、三手後の将来を考える能力がまだなかったが、
この本は、三手でわかる程度の簡単内容を多く扱っている。
ルールを覚えた後は、三手でわかる本を読むしかないのだが、そこまでの壁が実に高かったと顧みる。

盤は狭くとも、見たことのある定石を駆使して問題を解決していくわけだが、
その定石を見たことがなかった時点では、解決法がひらめくわけもなく、
シノげるとわからなければ打ち込むこともしないし、先の展開は一切読めない。
そういうのも、今だから理解できるようになったのであって、あの時点では絶対理解できてない。

理解できないまま一度読んだきり、久しぶりに読んだので、これは今初めて理解したことになる。

9路盤の実戦を追って解説されているが、序盤はまさに陣取りで大きい所から打っていくが、
陣取りに夢中になっていると双方眼がない状態になっていて、最後は攻め合いで勝負がつく。
かといって、最初から二眼を意識した打ち方では勝てないし、死活で結構読みが必要になる。
広い盤の方が、多少は損する覚悟で悪手も許されるが、9路での失敗は一発で碁が終わる。
ナメていたけど奥が深い。

13路盤の実戦解説では、やってることが19路に近く、おぼえたてじゃ絶対無理。
まぁ、でも無理でもいいから読んで、もっと勉強してからまた見て収穫を得るタイプの本だね。

あたしは自分では既に、おぼえたてではないと思って読んだわけだが、
まだ数ヶ月しか勉強してないんだから、期間だけで言えばおぼえたてに該当しちゃうんだよな。

これ、今読むといい本だな。

448087271X
448087271X

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。