なぜか戦いになった

1648 letters | 494 views | コメントする

ずっと攻略本ばかり読んでゲームをやっていないという状態だったが、
とにかく石の形をもっと意識して打ってみたいという事と、
布石の本ばっかり読んでたら実践したくてたまらなくなり、久しぶりに手談対局との4子局。
以前、4子局で一度は勝ったけれども、それ以来なかなか勝てないでいる。
まだ置石を3つに減らせるほど実力差は追いついていないんだよね。



本を読んだ分強くなって、4子局なんて楽勝かと思いきや全然ダメ。
画像
出来れば三々に入られたくないはずだったのに、なんとなくうまく行きそうな気がして、
左上と右下を一見バサミの定石で地を取らせてやった。
そしたら左下にはかかってこなくて、それより下辺のヒラキにボウシがきた。
そのせいか、左下もいずれは三々に入られるかも知れない事をスッカリ忘れた。
石の形を考えて、アキ三角をさけたのは36手目で、これが後の戦いの火種となる。
この時点では、右辺の白と真ん中の白がつながらないようにして閉じこめたし、
下辺は完全に黒の物で、右辺もほぼイタダキ、上辺まで食い込んで全部貰うぞと言う気分だった。
あわよくば大石取って圧勝だなとも思っていた。

右上からもプレッシャーをかけて、中央まで連絡してくるつもりだったのだが、
61と63の白で上下の連絡が切れたとたん、上辺は目がないので危なくなる。
右辺と連絡しようとするが69手目で完全に断ち切られた。
これでもう黒は右辺に目を作らなければいけなくなり、必死に70、72、74と戦う。
今度は左下にも襲いかかられて、必死で二眼を作るが、サルスベリで取られた右辺もまずく大敗。
画像
一番大きいのは中央だが、そっちはどうしようもないと思ってるから悔しくない。

せっかくだから、左下の侵略と右辺のサルスベリを貰う前まで巻き戻し、やり直してみた。
画像
これならわずかな差で黒が勝っている。
左下で白に二眼作らせるスペースを与えなければ、黒も二眼作る必要がなく、
その辺の戦いに慣れればもうちょっと強くなれる気がしないでもない。

しかしこうして、目を作るかどうかの囲碁をやるのは、19路盤では初めての経験だ。
9路盤でやったとき、石の取り合いになれば必ず負けるので、取り合いにならないやり方を始めて以来、
19路盤でも石をガチガチに守って、置石のハンデ分だけでも勝とうという戦法しか出来なくなっていた。
今回戦いが起ったのは、石の形を意識して一間飛んだ36手目の場所であり、
本を読んでいつもと違う打ち方をしたからこそ石の取り合いになった。
といっても、本のせいで悪い打ち方をし、そのせいで取られそうになったんだとは思わない。
むしろ、本のせいで良い打ち方をし、相手も戦わずにはいられないほど有利になったんだと思う。
40手目から60手目までのどこかでこの場所を継いでいたら、だいぶ戦局は変わっていた気がする。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。