よそのブログの感想ブログ

まずURLを挙げて引用し、本当にそうですねとか短く誉めて1ページ出来るブログの話。



あたしゃブログはあまり巡回しないが、掲示板を見るのは面白いと思っている。
つーか、ブログってものの存在を知ったのはずいぶんブログが浸透してからだし。
で、ネット初めてすぐの頃は、他所の掲示板を見て面白い何かが書いてあると、
それに対して自分でも何か書いてみたりとかしていたわけだ。
まぁ、掲示板ってのは、不特定の誰かから意見をもらって当たり前の場所なのだが、
あたしの意見を欲しがってるのではなく、あくまで「誰か」の意見を欲しがってるんだよね。
あたしゃ見ての通りの感性に問題がある人間なので、あたし以外の「誰か」に違いない。
当時はなるべく人が集まる場所で意見を書き込みたかったが、
いつしかそれが、個性の安売りみたいに感じるようになって、書きたくても我慢するようになった。
たとえば2ちゃんねるは、人が多くいる分、いろんな情報も集まって便利なサイトだ。
だが、そこで「名無し」として書き込むのは、ネタの無駄遣いって気がするのだ。
無責任な匿名同士ではなかなか議論にならないというあきらめもあり、書き込みはしない。
たしかに、多くの人に知って欲しい事は、より多くの人が集まるところで書くべきだ。
だが、あたしの知って欲しい事は、実はあたし以外知らなくてもいいことばかりなわけで、
自分が後で見返したときに自分で笑えるように、自サイトに書き留めるのが妥当なのだ。
あたしには掲示板は見るものであって、書くものではなかったりする。
たぶんね、同じように感じた人が、他所のブログや掲示板にはコメントしないで、
そのURLを挙げて引用し、それに対する意見を自分のブログに書き始めてるんだろう。

さて、あたしも掲示板で安売りしてた個性を、自分のサイトで日記でまとめるようになる。
最初はブログではなく、自分しか書き込まない過疎掲示板というスタイルだった。
それが、どうせ自分しか書かないのだからとブログ的なスタイルに変ったわけだが、
検索エンジン遊びの都合でいろんな思惑があり、さらにスクリプトの長所短所もあり、
投稿の回数が多すぎるのも良くないので、一回の投稿で書く文章がずいぶん長くなってきた。
他所のブログを見てみるとやはり、他所のブログやニュースを紹介する短いやつと、
一つの話題についてグダグダと理屈をこねくり回す長いやつが存在している。
ウチのように、誰も見てなくても書く自己満足日記は全て、あきらかに後者だ。
誰にも見せないのに、誰かの書いた文章に感想書くという心理はあり得ない。
URLを挙げて、それに対する感想を、オリジナルのサイトを荒らさないように配慮したり、
荒れてしまったら自分に都合良く編集できるように、自分のサイトでレスしてるわけだ。
そのレスはもちろん、書いた本人にも出来れば届けたいし、別の人のレスも期待してる。
まぁ、そんな感じで、ブログは人と人をつなげていく仕組みなのだが、
汁ムゴ魚はあえて、誰の意見もいらないのでレス機能は封じてしまったがね。

でな、実はコレ、他所のページを引用してるだけのブログたちの悪口を書きたいのだ。
よそのネタを収集して首つっこまなきゃいけないほどネタがないなら、無理して書くなよと。
いや、マジで首つっこんで議論を深めてるところはこの限りではないが、
その、「面白いですね」とか「発見!!」とか「納得です」とか、書かなきゃいけないか?
自分が面白くないから、他所の面白いところを集めて紹介し、
自分は面白いものを良く紹介する人という地位について、で、何をしたいん?
実は、あたしのように検索エンジンで遊んでる人には常識なのだが、
こういう、中身はなくて他所の記事を紹介するページが、
検索精度を悪くさせる迷惑行為として考えられ、ブログ排除っぽい動きは結構続いている。
検索エンジン側の有限なりソースが、他所紹介の一言ページで浪費させられ、
必要なページがなかなか検索できなくなっている。
つまり、おもしろページの紹介は、面白くないのに面白い人相当の評価を得たい、
自己顕示欲だけで中身のないクズの仕事だから、それ相応に笑ってやれよと。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。