カレンダー撤去

Movable TypeのカスタマイズをしたことでrNoteのカスタマイズにも興味が沸き、
Googleの補足結果という表示を見つけたことで、トップからの距離を考えることになり、
アドセンスで無関係な広告が出たことで不要な物をなるべく撤去することになり、
以前書いたことが次々につながって、ついにはカレンダーの撤去だ。



カレンダーの存在意義に対する疑問はコッチにも書いた。
http://mt.ikuto.com/2005/10/post_12.html
デメリットはあってもメリットのないカレンダーだが、
検索エンジンのロボットが各記事へ到達するための通り道として、仕方なく置いてた。
だが、昨日書いたとおり、なぜか9月の記事はGoogleに拾われていない事がわかり、
7月や8月、そして10月や11月の記事は拾われているということと、
7月と8月の記事は「補足結果」と表示されていることから、
トップから遠いページは数ヶ月に一度しか拾われず、
それらの古いページには補足結果という表示がつくと言うことなどがわかり、
最大2クリック以内で到達できるようにすれば、全ての記事が拾われると予想した。
そのためには、日別アーカイブを経由したら一手損をするので、
月別ページを記事リンクの100件羅列に変更してそれを実現した。
よって、カレンダーはその役割を終えたので撤去された。

ただ、カレンダーは不要だが、カレンダーからしか行けない日別ページに未練がある。
もともと、サイトをブログ型にする時点で、
「ページ数を無駄に増やす」という、本当に無駄な意図があったのだ。
本当は以前のように、検索エンジンなんて全部はじいて、
知らない人が見に来ない状況で、堂々と好き勝手なことを書きたいのだが、
この、無駄なページ数増大を成し遂げるために、多少遠慮して書いているのだ。
有意義なページを増やすのではなく、無駄なページってところがポイントだ。
よって、各記事の日付部分には日別へのリンクを置くことにした。
人間様がクリックしても全く意味がないページだ。
トップからの距離も、各記事より1クリック遠い事になり、以前とは逆になった。

無駄にページ増やしたいのは変わりないが、
その無駄なほうのページが拾われて、記事が拾われなかったら本末転倒と。

4406024336
4406024336

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。