猪木でも使えるグローブ

トレーニンググローブを買い換えて、まだ1回しか使ってないけど良い感じだと思う。

こう言う物は他社に乗り換えたとき何かしら気になるところがあるんだが、今回はマシな方。
真っ黒のXLが売り切れてたので赤にしてしまい、派手さは気になるよ。
FREETOOのLサイズからLP-worksのXLサイズへ乗り換えて、XLで最大にもかかわらず若干狭いかも。
あたしは腕の長さと手の大きさが奇形なんだわ。
ただ、その狭く感じる部分はFREETOOにはなくてLP-worksにだけある手の甲部分のみだ。
今までなかった部分の布があるせいで狭く感じだけで、サイズの問題じゃないかも知れない。
しかも手にはめる瞬間だけ窮屈さを感じても、使ってる間は全然気にならなかった。
FREETOOで狭く感じたのは小指と薬指の間だが、LP-worksではその辺はやや余裕があった。
XLでピッタリかも知れないし、やや小さいかも知れない微妙なところかな。
手首の巻き付け部分はLP-worksの方が広くて長くて、しっかり圧をかけられる感じはある。
んでやっぱり、二つの大きな違いは親指部分の布で、握り心地もだいぶ差がある。
あたしの場合FREETOOは親指の位置が合わず、リングを切り取って利用していた。
リングは切り取ったがグリップ部分は残したので、それが良かったか悪かったかまだわからない。
LP-worksを使ってみたら、親指部分の布がない方が握りやすいように感じる。
ただ、Amazonレビューにもあるとおり、布の切れ目部分の折り返しが手に刺さる感じは少しある。
これもXXLサイズがあれば解決するんだろうなと、サイズのせいは考えてしまう。

あたしの場合は筋トレが全身サーキットなので、押したり引いたり種目がどんどん変わる。
その度にギアを付けたり外したりは面倒だから、基本的に付けっぱなしでこなす。
また、うちのパワーブロック類似品は構造上、パワーグリップやストラップが使いにくい。
グローブなら全ての問題を解決し、付けっぱなしで懸垂もダンベルも全部こなせる。
ところが手の大きさや形は人それぞれなので、ネットで探したグローブが合うとは限らない。
じゃぁ多少の違和感ぐらいは我慢して選ぼうかなってところだ。

その割には今回選んだLP-worksはしっくり来てる方だと思うし、これでダメなら特注サイズになる。
安い市販品で多少のグリップがあり多少の手首締め付けがあって、不快感がなければ十分だ。
FREETOOでも良いんだけど、これより上のサイズがあると思うと買い換えたくなる。
LP-worksで一番大きいのでもピッタリより若干狭いくらいなので、あきらめが付いたってのもある。
あとは耐久性に期待して、もうずっとこれは同じやつを使っていきたい。
壊れたら同じやつのピンクが欲しい。
せっかくある程度しっくりくる物を見つけたんだから、もう別のメーカーに冒険したくない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。