スカッとするガンダム

1318 letters | コメントする

先日ルプスレクスのガンプラを買ったきっかけで、また鉄血のオルフェンズを見た。
で、また、ごちゃごちゃうるさいって話に共感した。
マジで、日本のドラマは物理的な戦闘しながら口喧嘩もするのが大嫌い。
さらには、口喧嘩のために目の前の命を賭けた戦いの手を休める展開は呆れる。
「それが私の夢だから」とか「天下の大将軍になる」とか、今殺す相手に言う必要ある?
しゃべってないで殺せや。
普通は、主人公ほどごちゃごちゃうるさくて、敵はその間に手加減してくれる。
くそださい。
オルフェンズでは、敵の方がごちゃごちゃうるさい。
せっかくごちゃごちゃ言ってるのを一切聞かずにやっつけちゃうのが爽快だ。
あたしの嫌いな物を、同じように嫌ってやっつけてくれるところが非常によい。
最終回でイオク様が潰されるのも、みんなが嫌ってたやつが死んで心地よかったはず。
そして今回は結構台詞も覚えてたりして、言われる前に言ったりしてた。
どれくらい?って言われて、オルガより先に徹底的にって答える始末。
それだけ見ててもまだ衝撃的だったのは「おまえ消えろ」を主人公が言ったこと。
電王の悪役が歴史を変えて誰かを消そうとしてる時の顔を思い出したわ。
主人公だからって善人じゃなきゃダメって言う偏見を完全に取っ払ってるんだな。

んで今回はやっぱり、そのガンプラを買ったからこそのバルバトスの確認だわ。
バルバトスは作中でどんどんデザインが変わって行ってる。
どの時点で第何形態なんだかが見たくて見返したわけだ。
しかし全部見てやっぱりルプスレクスが一番かっこよく、二番は第6形態かな。
ただアニメで見ると、キットよりもっと上腕がデカく、尻尾はもっと長い。
いや、そういう風に見えるシーンがあるだけかも知れないが。
だからキットももっと極端に、さらにデカい腕で長い尻尾でも良いと思うわ。
まぁ、尻尾はどこかから銅線とか調達して、自作で長くは出来るだろうよ。
腕はそこまで出来る技術はねーわ。

さて、今回はU-NEXTで見たんだけど、他のガンダムも見たくなった。
ZZを見始めた。
まだ見たことないレコンギスタが無料にならないかなぁと思っている。
AmazonとU-NEXTとは結構補完しあって、かなりのリクエストには応えてくれてる。
が、ガンダムで贅沢を言おうとするとやっぱりバンダイなんだよな。
ま、贅沢を言わなければ、いくらでも見たい物があって見切れないので十分よ。
どうせ贅沢を言うならガンダムじゃなくてサッカーで言いたいし。
あぁ、DAZN見たいしどうしよう。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。