起きて見る価値

夜遅く起きてまで日本代表のサッカーを見る必要があるのかと考えてしまった。
極論まで行って、たとえ全部勝ってもW杯は来月終わる。
途中のどこで負けて帰ってもどうでも良い。
全部負けても3試合は出来るし勝っても1試合ずつ増えて行くだけだ。
いやそもそも、録画で見るつもりだったのを、どうして起きてまで見たくなったんだ。
何でそんなに、結果を最速で知りたがってるんだか。
朝起きて勝った負けたを知って、気になるなら録画を見れば良い。
なんならダイジェストだけ見て終わりでも良い。
どうして無理に、いつも寝てる時間に起きてるんだ。
って、考えてたら一つだけ、あたしは別に応援で見てるわけじゃないとわかった。
勝っても負けても良いけど、その瞬間のドラマを生体験したいんだ。
同じようにリードされても、まだ時間があるかどうかで気分が違う。
あと何分で何しなきゃ行けない、これをテレビで共有出来るのはやはり生で見るしかない。
一応、ネタバレ前に見る面白さってのは、生で見て良かった感じではある。
普段あまり見てないスポーツの知らない選手よりは、知ってる人達を見たい。
応援じゃなく、知ってる選手の喜ぶ姿、ガッカリする姿、とにかく表情が見たい。
プレイは日本代表より、ドイツやブラジルのロスタイムの仕事の方が面白い。



たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。