リメンバー斬首刑

ちょっと落ち着いて、今はワサコレでSPSネイマールを斬首した状況と似ている。
なかなか大当たりが出ないからって、小当たりに期待しすぎて残念な思いをした。
今回のSPSスアレスも、コスト40オーバー入手が無理だから妥協して育てるんだ。
個別ストライカーのお試し版であり、あんまり全力で期待しちゃいけない。
今じゃ毎週土曜日に超強化試合が開催されてるから、課金すればすぐ極められる。
でも大当たりじゃないから、超強化はスルーしてキャンプを待つつもり。
我慢。
ってかそもそも限突券が足りないから、キャンプ待ちしかあり得ないけどね。
でもそのSPSネイマールの時、スアレスの方がマシだって評価してたんだよ。
ペダラじゃなくスピドリだったらなと、トリックじゃなくストライカーだったらなと。
だからその時から試して見たい組み合わせではあったんだ。
でもたしかそれより後にユニオンで、もっと高コストのスアレスを借りて試してる。
で、ストライカー発動位置が常時ミドル並ではなく、たまにミドル並だと判明した。
まぁ、何人か持ってるCFの中で、唯一の個別発動スキルという個性ではある。
個別って事は鳳凰杯をこれで稼げば良いし、限突券の最優先と言う事になる。
たとえ今いるFWより弱かったとしても、限突券10枚入れて長く使う選手になる。
もっと強い個別が当たるまでは。



グランプリは17勝6敗5分で631位、得点王ランキングは4128位となった。
手応えとして、やはり4桁の人には勝ててたし、3桁の人とは厳しい競り合いだった。
だから4桁に落ちるほど弱くはないし、500位に入れるほど強くもない。
本当に妥当か、少し出来が良いってくらいだろう。
コスト35メッシが良いかコスト38ネイマールが良いかの判断も、かなり微妙だ。
フレマでみてるとネイマールの方が良さそうなのに、実績はメッシがいつも上に行く。
こんな状況で、次はコスト37のスアレスがどうなるか試すわけだ。
んなもん、どれもコスト40行かない時点で、Sプレでは下の方に決まっている。
実際にグランプリの後半戦は、みんな40超えFW持っててうちだけ場違いだった。
ただ不思議なことに、後半は負けても引き分けてもあまり順位が下がらなかったんだ。
課金しなきゃ伸びない団子ゾーンに突入してるんだろう。

なんか急に、たとえスアレスを育ててもチームは強くならない気がしてきた。
若干の差で共有ロング持ちネイマールの方が、個別ストライカーより強いかも知れない。
でも共有ストライカーのメッシでもどっちが強いかわからないくらいだし。
たとえ極端に強くならなくても、極端に弱くならないだけで十分だろう。
しかも鳳凰杯要員にはなるわけだし。
今はミキサーに入れる選手が貯まってないので、1回パスしてキャンプを待つ余裕がある。
でもキャンプ頻度が下がってるから、ずっと鳳凰杯に使えないとしびれを切らす。
もう何でもいいからキャンプだけよこせ。
そしてその前にエナボ節約出来るユニオンとランキング争奪戦やればベスト。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。