iPhone経由で音入れ

アニメで口を動かすというところまで出来たので、音を当ててみたくなった。
しかしリフォームのどさくさでマイクがないことに気がついた。
以前は自作曲に歌を入れるために、たしかマイクは持っていたはず。
もうこれを使うことはないと思ったか、嫁のイベントに貸してやったかな。
って、別に今は当時のパソコンで全部やる時代じゃない。
録音したければiPhoneで録音できるじゃないか。
っつー事でiPhoneで録音して、じゃぁそれをどうやってパソコンに送るか。
なんかいろいろ手間だけど、脱獄してるやつでファイルマネージャーを使った。
いやもしかしたらiTunesで簡単に吸い出せるかも知れないけど、思いついた順番で。
試しに音をタイムラインに貼り付けるところまではやってみた。
って、その録音したもの自体もいいかげんな物だし、あとで変更するしな。
音をどんな感じで貼り付けて、どうやってそれにあわせて口を動かすかの練習だ。
うん、そこまでは簡単。
いざそこからやろうとすると、そもそもまだ当てるべきセリフを考えていない。
大まかなストーリーしか作ってなくて、人物の名前すらなかったわ。



語り合ってるシーンで名前も入れて自己紹介させるところから始めないとな。
語尾はどうするか、あ、そもそもあたし一人で全員分当てるんだっけ。
iPhoneで録音した声をデジタル加工で女性の声にしたりとか出来るっけ。
違う人のセリフをかぶせて再生とかも出来るんだっけ。
あぁ、人がしゃべるだけでなく効果音も必要か。
効果音すらフリーの素材を使わず自作すればかなり個性が出ると思うが、
まぁそれはかつてシンセにハマってた頃ならそうやりたかったと思う。
今はそこまでやってたら完成すら怪しい段階だし、とりあえずフリー素材だな。
BGMはさすがに自分で作るけど、今どきは何で作って良いのかわからない。
昔使ってたパソコンソフトって今も使えるんだろうか。
無料のやつも進化しまくってそうだな。
忘れちまったよ。

誰でもアニメが作れるんだったら、そりゃ既に誰でも作ってるわな。
ちょっとやってみて、誰でもとは言えないほどハードルの高い物ではある。
出来て当たり前だと思って高額なソフトを用意し、結局は出来ないかもしれない。
むしろ高額なソフトほど多機能で難しいわ。
しかも将来性のないフラッシュ規格で今チャレンジするのは時期が悪い。
ただ、そんな中でやり方を覚えて少しずつ出来ていくのが楽しいわ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。