長尾で朝ラー

2260 letters | 1402 views | コメントする

 写真での見た目やネーミングなどから、てっきり長尾ってのは偽タカハシの類だと思っていた。弘前には本物もあるし偽物もいっぱいあるから、わざわざ青森まで行って偽タカハシじゃなくてもいいだろうって事で、これまで存在は知っていても一度も食べたことがなかった。7号線で青森に行くとひらこ屋も長尾も通るので、どっちも存在は知ってるけど、どっちもタカハシの偽物なんだろうと思って一度も食べたことがなかった店。そしてついにこの度、他になんの用事もないのにわざわざ長尾で食うためだけに青森まで行ってきた。



 あたしは人の行列はそんなに苦手な方じゃないんだけど、運転が下手なので駐車場が混んでる所へは行きたくない。真っ昼間の一番混んでそうな時間帯に、車で行って駐車場の様子を見て引き返すみたいなことがすごくいやだ。特に以前のタカハシなんかは駐車場に入れないせいであきらめる事が何度もあったせいで、あまり混んでそうな時間帯にラーメン屋に行きたくない体質ってのが身についてしまった。かといって変な時間に開いてるラーメン屋は少ない。だいたいは昼のピークが終わった後、夕方まで閉めてるわけで、その時間もやってる山岡家はあたしにとってアンパイとなり、迷ったら山岡家って感じになってしまった。で、先日買った本に長尾は朝やってるって書いてあって、その本を読んだ時点ですでに日曜の朝っぱらから赤身メキシコ牛ステーキを食ったにもかかわらず、ラーメンならいくらでも食えるから、そのままわざわざ空いてるであろう今のうちに長尾に行って食おうと閃き実行した。案の定、先客は車一台だけ。ガランとしてる店内だったにもかかわらず、狭いカウンター席に腰掛けた。

 タカハシと同じように黒コショウも白コショウも置いてあり、それを見た事もここでタカハシみたいな食い物が出てくるであろう事を信じ込ませた要因の一つだった。もちろん注文したのはその一番タカハシに似たやつで、そもそも最初からそれを食いに来たんだ。タカハシにはない味玉も注文した。そしたら麺も選べと言われて、どれが正解か分からないけどこれも一番タカハシに似てそうな手打ち麺を選んだ。いざ現物が運ばれてきて、口を付けるところまで完全にタカハシの類だと思っていたから、ホントにこれはショックを受けたのだが、見た目でここまでタカハシにそっくりで、どうしてここまで違う味になるのか不思議なほど、全然別物としてなかなかのバランスで美味しかった。いや、食ったことないような味ではないし、しかしタカハシには全然近くもないし目指した感じでもない。これってなんだっけと思い出したら、すなわちこれが青森の味って言うのかと妙に納得した。ぶっちゃけここもマルカイだ。弘前警察署の向かいのナカタヤもマルカイだと感じたが、そのナカタヤの味が青森の味だって言われているらしく、つまりそのあたしがマルカイとナカタヤと長尾に共通して感じる味が青森の味なわけね。つーか青森まで行って青森味のラーメンを食ってきたからホントに納得した。ナカタヤも青森の味なのに魚粉を入れたら一気にタカハシ風になっちゃうわけで、紙一重のバランスなんだろうけど、長尾は見た目もタカハシっぽくて味はタカハシじゃないバランスになってた。食い始めの熱さまで青森風の流儀だなぁと感じるほどだった。

 麺もタカハシに似たやつを選んだんだから確かに似てはいるんだけど、これに関してはあまり満足出来なかった。麺は不正解を選んだのかも知れない。なんか、ちぎれて短くなっちゃってる部分が多すぎる。今回だけ特別ハズレを引いたかも知れないけど。食い始めの時点では別に悪くもないんだけど、普通に食えば当然に長い麺から先に口に入ってきて、短い麺は掴みにくいから最後は短い麺だらけの状態になる。あたしの食い方だと麺とスープが同時になくなっていくので、その短い麺だらけの時点でスープも少ないので食いにくいほどじゃないが、よその人はこの時点でスープがいっぱいあって短い麺を探さなきゃ行けないだろうなと想像した。

 タカハシじゃないって事はすでに分かっていたけれども、やはり気になるのは最後の一口で、タカハシは沈殿するから最後が一番濃いけど、長尾はマルカイだからそういうこともなく、分かってはいたけれども見た目的にもしかしたらと期待してたので、最後まで裏切られた。今回はその一番見た目がタカハシ風なやつを食べたけど、メニューを見たらその下にそれ系の塩味があって、これはどういう味なのか気になってしまった。少なくともあと一回は、ただラーメンのためだけに青森に来る事になるだろう。

 あたしが偽タカハシだと思ってた店のうち、少なくとも数軒は本当に偽タカハシだろうけれども、この長尾がそうであるように全然タカハシとは違う味で見た目とネーミングだけそう伺わせる物かも知れないわけだ。見た目は同じでも、タカハシ系かも知れないし長尾系かも知れないし、はたまたそのどちらでもない別の系統でなおかつ見た目とネーミングがタカハシってのもあるかも知れない。それでいて美味しいかも知れないし、ハマるかも知れない。今までどうせあれだと思って食べなかったところも食べてみたくなってきた。ただし駐車場と営業時間の関係で、行きたいところは限定される。最近、何年かぶりに峰に行こうと思ってたけど、駐車場がアレだからやっぱいいやって思ったくらいだし。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。