嫁にもWordPress

1590 letters | 1358 views | コメントする

 長年アメーバでブログを書いてきた嫁は、HTMLとか全然わからないのでアメーバに与えられた機能の中でやってきた。その結果、アフィリエイトリンクをいくら貼っても、アメーバの中でしか使えないポイントになるだけって状態になってる。先日の、アメーバピグ規制の話題から、そのゲームだか何だかでアイテムだか何だか(ホントに何だかわからん)見たいなのをアメーバのポイントで買うっていう話題になったりしてた。ほいで、あたしのサイトは新しくなってアマゾンリンクが楽々出来るって所を見せた事がきっかけで、もうアメーバをやめても良いみたいな事になったから、あたしがやりたくて速攻で新しいサイトを作った。先日せっかく嫁にbaserCMSのオフィシャルサイトを作ったが、それをやめてWordPressブログの一部にオフィシャルサイトの機能を持たせる構成にした。で、まぁあたしのサイトだったら、あたしの趣味でわざとユーザーに不便をかけたりもするんだけど、嫁のサイトには女子供がメインで見に来てるわけだから、そういうつもりでやさしく作った。



 最初に試みたのはアメーバからのログ泥棒で、それに使えるツールがネットで見つかったので、テキストのインポートは楽々出来た。しかし、アメーバはよほど回線が貧弱なのか、よそのサイトからの画像表示を403で拒否しちゃってるから、テキストだけまるまる盗んでも画像が出ない。でもアメーバからログを抽出してあるわけだから、そのログに正規表現でGrepすればリンクを全て抽出できる。こう言う作業にもやはり自分で作った真魚を使ってて、あたしがあたしのために作った道具はやはり一番手に馴染む。Grepして抽出したログを正規表現で整形してURLだけのリストにし、リファラを設定できるダウンローダーを使って、すなわちアメーバブログからのアクセスであるかのように偽装して画像をよこせというリクエストをしたわけだ。嫁の投稿数は1600件ほどで、画像は1000件ほどあったが、全部盗み取ってWordPressに入れてやった。あたしの2000件のログと嫁の1600件のログを同じデータベースで扱うとタイムアウトとかが心配になるので、後から分離したんだけどそれも何ら問題なく出来た。

 あたしのサイトに入れたプラグインをだいたい嫁のサイトに入れて、ほぼ同じような機能で見た目だけ違うサイトだから、構築に手間がかかっていない。しかし問題はこれからで、嫁が使ってもぶっ壊さないかってのは大いに心配だ。盗み取ったアメーバのログだってメチャクチャのグチャグチャだったし、ブログ自体が今見てもわかるとおりガタガタ、数字は主に全角だし、カッコの始まりと終わりが一致してなかったり、よそのHTMLをWYSIWYGにコピペしてるから関係ない見えないコードごと取ってきてるし、などなどなどなど、アメーバだったら素人ばっかり使ってるから素人対策も万全で、何事も起らないように堅牢に出来てるだろうけど、WordPressは果たして素人が使っても大丈夫だろうかと。それも、単体じゃなくプラグインが入ってるんだから、その入れたプラグインのどれも素人の使用に耐えられるだろうかと。

 どうして嫁が機械を壊すのか、うまく機械を使えないのか、それはメチャクチャだからなんだけど、あたしは機械の敵と呼んでいる。しかしこのブログの使い方を見て、今まで想像していた以上に機械を懲らしめて生きてきたことを知った。

 あと去年あたりから離婚したくてなぁ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。