薬物ダイエット四年目

2319 letters | 2349 views | コメントする

思えば最初は脂肪肝だからウコンのサプリでも飲むかってところからスタートし、
キン肉マンで見て加圧トレーニングをマネし、プロテイン輸入が薬物輸入にエスカレートした。
アメリカだけでなくインドとかブルガリアとか台湾の薬物を飲み続け、なんかもう若返っていい体になってきた。
多少いい体になると、何をやっていい体なったのかを人に訊かれるようになるわけで、
あたしは毎日五分だけ運動して三年続いたよと、そこは正直に公表してるんだけど、
海外から薬物を輸入して飲んでる事の方が、たった5分の運動より重要だよって事はさすがに秘密だ。
別にあたしにとっては秘密にする情報じゃないんだけど、その訊いた人に迷惑かけてもいけないしな。
ネットになら書いても、それを知らない人が見てマネして死のうが罪悪感ないし、いくらでも書けるが、
直接話すとマネする率も高いし英語読めない率も高いし、面倒くさいことになると思うんだよ。
何か色々あってこの話題はリアルの方に持ち込みたくないが、ネットにはしっかりまとめておく。



まず年中毎日飲んでるのはハゲ薬で、前はもっと安かったと思うが今は一日20円ぐらいのやつ。
これ別にハゲ防止で飲んでるんじゃなく、オシッコのキレを良くしたくて飲んで、実際良くなったと思う。
キレだけじゃなく頻尿的な症状も改善されていて、これは死ぬまで飲みたい薬だ。
ハゲの方に効いてるかは微妙なところで、依然としてハゲカケ状態で膠着していると思うが、
なんせあまり興味がないせいで、減ってるか増えてるか変わってないかをそんなに観察できてない。
国産のハゲ薬は1日300円ぐらいするようで、安い海外産は危ないから買っちゃいけないと宣伝している。
一応まだ死んでないが、危なくないとは断言できない。

基本的に奇数の月にはプロホルモンを飲んでるが、何歳でやめるか悩むところ。
よく言われる肝臓へのダメージというモノは全く感じた事がなく、
ひょっとして肝臓ケアサプリを売るために広めたデマだったんじゃないかとか疑うほど平気。
気になるのはむしろオシッコの泡で、腎臓がちゃんと機能しなくなっている証拠なんだけど、
これも別にプロホのせいじゃなく、数年前までの不摂生で糖尿病寸前だった名残だと思う。
腎臓は治らないらしいから、その時に悪くして今は別に悪いことはしてないつもりでいる。
そして、プロテインを飲み過ぎなので、ちょっと腎臓が悪くても大量に泡が出るんだろうと勝手に思ってる。

偶数の月にはSERMで女性ホルモンをブロックすることで、自己生産の男性ホルモン分泌を高める。
SERMとしては1日20円のノルバデックスもどきをメインに、もっと強力で高いトレミフェンも飲んでみたが、
スパドロやエピみたいなDHT型のプロホでは本当にPCTが必要なのかも怪しいほど、
飲んだからってどうなるのか体感出来てない。
しかしトレンではあからさまにフニャチンになるので、これがたぶんPCTが必要な状態で、
おそらく同じ黄体ホルモン型のデカとかもそうなると思うし、トレミフェンで行った方が良いと思う。
PCTサプリは理論上PCTになってないので、プロホを飲むならサプリじゃなく薬物でPCTをすべき。
すべきらしいからノルバは買うけれども、DHT型プロホにそれが必要かどうかは怪しい。
そもそもステロイドの主流がテスト系と黄体ホルモン系だから、そりゃ当然PCTが必要だろうけど、
DHT類でも自己生産のホルモンを減らすのかってのは、ちとメカニズムを想像しにくい。
これは保留。

あと偶数月はサルブタモールとシブトラミン。
サルブタは怒ってないのに怒ってるように心臓バクバクして手が震える。
1日10円くらいの2mgを2錠で4mgを、効き目が短いから一日3回か4回飲むという、
普通に喘息の人が症状を抑えるための服用法だ。
筋肉増強効果があってドーピングに該当する上に、脂肪も燃焼するとかいう話らしい。
シブトラミンは1日1錠飲むと、食欲が発生しない上に、食ってる途中でももういらないって感じになる。
無理な食わないダイエットを無理なくやるために、やはり食わなくても平気ってのが一番強い。
あたしの感覚では1日50円が妥当だが、日本人向けサイトでは200円ぐらいボッタりしてる。
まぁ、そのくらいしても買う人がいるほど効くってことだな。

奇数の月にプロホでドーピングしつつドカ食いして筋肉と脂肪を蓄えて、
偶数の月はシブトラミンで食う量を減らしつつ、筋肉量はサルブタでドーピングして維持する。
つまり年中ドーピング状態で薬物漬け。

ビタミン錠、プロバイオティクス錠、プロテインも飲んでるし、処方の胃薬も飲んでる。
えぇ、これじゃリアルでは話題に出来ねぇわ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。