カツ丼食っても減ってる

1495 letters | 1530 views | コメントする

主にサルブタモールが効いてるかどうかで気になってるが、ノルバデックスのことも気にしなきゃいけない。
P-Stanzの摂取が終わった途端にバッチリ体重が落ちてるが、いろいろな要素が絡み合っているので、
喜ぶべきか悲しむべきか決定できない。



プロホルモンの摂取でテストステロンの自己生産量が減少している場合、
自己生産量が正常化するまでの期間は筋肉が減りやすく、
下手したらプロホで得られる量よりも、自己生産低下で失う量が多くもなりかねない。
そうならないためのPCTなわけで、PCTはサプリじゃ不十分らしいからノルバデックスを買った。
しかも念には念を入れて、プロホの摂取が終わる少し前から飲み始めている。
これによって、自己生産量低下は多少なりとも押さえられているはず。
体重が減っているから筋肉が落ちているとも解釈出来るが、ノルバを最大限信じて、
減った体重はプロホの摂取中に多くなってた筋肉内の水分と、
サルブタモールで減らした脂肪であると解釈したいところ。
最悪なのは、サルブタモールが効かなくて脂肪は減らず、ノルバも効かなくて筋量低下ってパターン。

筋肉的に大変調子よく、何かしら筋肉増強に効いてる感覚は大いにある。
ノルバデックスのおかげでテストステロンの自己生産量が増えて、
外部からホルモンを入れたかのように調子がよいとも取れるし、サルブタモールが効いてるとも取れるが、
最悪なのは、まだプロホが抜けてなくて調子よく、ノルバもサルブタモールも効いてないってパターン。

今一番信じたいのはとりあえず、サルブタモールが筋肉増強に効いてるってパターンで、
増強してるのに体重が減ってるなら脂肪で減ってる事になってウハウハって感じ。
ノルバデックスが筋肉増強に効いてるとすれば、テストステロンがでまくってるんだからPCTは成功で、
それでも体重が減ってるなら脂肪が減ってるんだからウハウハは同じ。
仮に最悪パターンでまだプロホが抜けてないから筋肉増強を感じているとしても、
筋肉増強を感じつつの体重減という、いわばカッティングサイクル状態だから悪くはない。

どれがどう効いてるか断言できないが、少なくともどう転んでも今は何かと良い状態ではなかろうか。
いつもどおりの量で食事して、脂肪は減って欲しいと念じるだけで、あとは投薬に完全依存。
サルブタモールは何もしなくても勝手にやせる薬かどうかを知りたいので、
投薬以外の方法でやせようとしては実験結果に信憑性がなくなるからね。

どっちにしろ、将来的にもオフはノルバとサルブタモールをセットで飲もうとしてるので、
そのどっちがより筋肉に効いて、どっちが脂肪減に効いてるかという確認をバラでする気はない。
どっちも効かない可能性もある。

確定ではないが、ノルバを飲んだら日々のザーメンが増えたっぽく、
そっちにはプロホより自己生産の方が関与しそうに思えている。
またまた某ホモの人とは逆の意見になっちゃうが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。